名古屋柴田道院 道院長のご紹介

道院長(指導者)について

各地の道院では、金剛禅総本山少林寺によって指導者として正式に認められた道院長が、責任を持って道院運営・門信徒育成を行っています。
 金剛禅宗門は教えを現代社会に生かすための道であるため、道院長は本職を別に定めたうえで、社会との関わりを持ちながら「自己と他人の成長、そして金剛禅を縁とした人間関係」を最大の喜びとして無償で指導に当たっています。

道院長紹介

道院長 中曽 英明
大導師 正範士 七段
金剛禅開祖 宗道臣の教えに、

「力なき正義は無力。正義なき力は暴力。」
「人・人・人 すべては人の質にある」とあります。

誰もが強くなりたと願います。しかし、いくら頑張って身体を鍛えても、ちょっとした事で心が折れてしまっては、本当の強さをもっているとは言えません。
名古屋柴田道院では、日常の稽古を大切にし、開祖の教え「本当の強さとは」についてしっかり学んでもらうことが出来ます。
在籍者は多くはありませんが、楽しく修練していますのでお出かけください。