本日の法話

少林寺拳法カレンダーに載せられた開祖の言葉。

今回の法話は、その「4月」からです。

 

~ 今では「しあわせ」を「幸せ」と、

  幸の字を使うが、以前は、「仕え合う」という

  意味で「仕合わせ」と書いていた。

  「しあわせ」とは、仕え合う、与え合う、

  そういう気持ち、あり方をいうのではないか。

  人間らしい人間なら、それが本当だと

  私は思います。

  そして、それがわれわれの考え方である。 ~

人は誰もが、多くの人達とのつながりの中で

生きています。

そんな中で、周りの人達と支え合い、

助け合いながら生きていくことが大切です。

 

「組手主体」の修行の中で相手を思いやる心を養い、

人とのつながりの中に「しあわせ」を見つける

ことのできる心を育てる、

そんな指導者でありたいと思います。

 

                ( 太田知希 )

いいね!>> いいね! 0 人
Loading...