2018年 2月入門式

2018年 2月25日(日)に愛知浄水道院専有道場で入門式を開催しました。

年度末の忙しい中、多くの拳士が参加し、新しい仲間の誕生を祝福してくれました。

小学校5年生には難しい誓願文を詰まりながらも一生懸命読み上げてくれました。

全ての漢字にひらがなをふり、1週間自宅で練習させましたが、やはり緊張と難しい読み方に苦労していましたが、

その分、自分の記憶には鮮明に残ったと思います。

人は楽しいことやうれしかったことは段々色あせてきますが、苦労したことや頑張って乗り越えた事はいつまででも鮮明にいい思い出として記憶に残ると私は感じています。

入門式で誓願文を苦労して読んだという記憶が鮮明に残る事で、いつまででも初心を忘れない拳士に育ってくれると思います。

拳士数減少は、道院全てに言える事ですが、自分が出来ることを精一杯行い、地域や社会に貢献していくことで必ず、賛同を得ることが出来ると信じます。

今回入門した拳士も継続してくれている拳士も大切にしながら、一人でも多くの後継者を育てていき、微力ですが少林寺拳法を発展に寄与したいと思います。

 

 

いいね!>> いいね! 0 人
Loading...