愛知県内修練場のご案内 / 愛知県連盟の沿革

自分に合った道院が見つかる!

愛知県教区のサイトでは、これから少林寺拳法をはじめてみたいという方達のために、身近な道院をすぐに見つけて頂けるよう

「道院検索機能」を充実させております。

 道院の所在地だけでなく、各道院ごとにどんな年齢の方達がいるのか、曜日別の修練日情報などが細かく掲載されており、それぞれの条件を組み合わせて検索して頂くことが出来ますので、よりご自身の希望に合った道院が見つけられます!

愛知県内の修練場をお探しの方は

下の地図をクリックしてください。

金剛禅総本山少林寺 愛知県教区サイトの道場案内が表示されます。

愛知県少林寺拳法連盟の沿革

 愛知県における少林寺拳法は、1962年(昭和37年)9月、小牧航空自衛隊に高橋法昇(前 名法道院長)が支部を設立したことに始まります。その後、1963年(昭和38年)11月に岡崎道院、次いで名古屋道院が設立され、1965年(昭和40年)以降は瀬戸市、一宮市、刈谷市、豊田市から岐阜県・三重県へと伝播され、1967年(昭和42年)3月、愛知・岐阜・三重各県の道院・支部による「少林寺拳法東海連合会」が組織されました。1968年(昭和43年)には「東海武専」の開設、1976年(昭和51年)4月には東海連合会を解散して3県それぞれが県連合会を設立することになり、「少林寺拳法愛知県連合会」となりました。1978年(昭和53年)4月にはこれを「愛知県少林寺拳法連盟」に組織変更し、1983年(昭和58年)4月には愛知県体育協会に正式加盟しました。

 1984年(昭和59年)11月4日には、愛知県体育館において全国大会を開催し、1987年(昭和62年)9月6日には名古屋市総合体育館(現 日本ガイシホール)で「少林寺拳法‘87フェスティバル愛知」を開催するなど、たえず組織の活性化を目指して世代交代を進めてきました。2004年(平成16年)11月21日にはナゴヤドームに約27,000人を集めて全国大会を開催し、対外的には少林寺拳法を、部内に対しては愛知県連盟の底力を見せると共に、永年にわたってスポーツ振興に尽力したことが評価されて文部科学大臣賞を受賞しました。また、翌年の2005年(平成17年)には、福井県で行われた国際大会に180名のスタッフを2泊3日で動員し、大会運営に大きく貢献することができました。

 現在、愛知県連盟を構成する支部等については158所属に加えて、東海学生連盟・愛知県高等学校連盟・東海実業団連盟の準加盟団体を含めると189所属にのぼります。また、愛知県連盟役員につきましては会長に中日新聞社顧問 小山 勇 様に就任していただいております。

 本年2017年は“少林寺拳法創始70周年”のメモリアルイヤーです。愛知県連盟は“開祖の志”を次世代に継承すべく、これまで以上に組織の活性化を目指します。

以上

 




いいね!>> いいね! 4 人
Loading...