少林寺拳法とは何か

hitodukuri

 少林寺拳法は1947(昭和22)年、日本において宗道臣が創始した“ 人づくりの行”です。

 自分の身体と心を養いながら、他人とともに助け合い、幸せに生きることを説く「教え」と、自身の成長を実感し、パートナーとともに上達を楽しむ「技法」、そして、その教えと技法を遊離させず、相乗的なスパイラルとして機能させる「教育システム」が一体となっています。

 人間は生まれながらに、どのようにも成長してゆける可能性を秘めています。少林寺拳法は、その可能性を信じて自分を高め続けられる人、周囲の人々と協力して物心両面にわたって豊かな社会を築くために行動できる人を育てています。

少林寺拳法の創始の動機と目的

戦後の体験から生まれた「人づくり」への志

kaiso

 少林寺拳法の創始者である宗道臣は、戦後の混乱のさなか、自身の体験から、リーダーの質によって、集団や社会の方向性が大きく変わるという真理を悟りました。そして、リーダーシップとは、自信と勇気と正義感、行動力に根ざすものであると定義付けました。

 人が平和で豊かに生きてゆくために、正しいリーダーシップを発揮できる人間を一人でも多く育てようという“人づくり”の志を抱いた宗道臣は、敗戦直後の混乱で自己を見失いそうな若者たちに、人として豊かに生きるべき道を説くとともに、身体を鍛え自信を得るのに有効な技法を教え始めました。修練の中で、道を説いて誇りや信念を引き出し、人が生まれながらに持つ成長の可能性を実感させ、自信と勇気と行動力を併せ持つ、社会の役に立つ人を育てようと創始したのです。

一般財団法人少林寺拳法連盟とは

renmei

 一般財団法人少林寺拳法連盟はそれぞれの地域の公民館、体育館で、スポーツ少年団やカルチャーセンター、地域の道場といった地域型活動や、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・専門学校・大学など、学校のクラブ活動として、また、官公庁、民間企業など、職域のクラブ活動として少林寺拳法を普及させています。

 こういった中で、男女を問わず、誰でも、いつまでも、楽しく、幅広い年齢層で親しめる少林寺拳法を通じて、豊かな人間性を涵養し、体も心も養う、「体と心の健康づくり」をしています。

一般財団法人少林寺拳法連盟の沿革

 当連盟は、1963年に「社団法人日本少林寺拳法連盟」が設立され、1992年に「社団法人日本少林寺拳法連盟」が解散し、「財団法人少林寺拳法連盟」が設立されました。その後、2011年に「一般財団法人少林寺拳法連盟」へと組織形態を変更して今日に至っております。細部は、下表のとおりです。また、こちら(「一般財団法人 少林寺拳法連盟(公式Facebook)」)をご確認ください。

なお、「日本武道協議会」「日本体育協会」などの加盟団体については、「加盟団体」をご覧ください。

金剛禅総本山少林寺の沿革

沿革
1947年 少林寺拳法創始
1957年 全日本少林寺拳法連盟設立
1963年 社団法人日本少林寺拳法連盟設立
1977年 日本武道協議会の発足と同時に加盟
1990年 財団法人日本体育協会へ加盟
1992年 財団法人少林寺拳法連盟設立 社団法人日本少林寺拳法連盟解散
2011年 財団法人少林寺拳法連盟が「一般財団法人少林寺拳法連盟」へ組織形態を変更
 

少林寺拳法連盟に参加の組織

soshiki

 少林寺拳法連盟は、それぞれの地域の公民館、体育館で、スポーツ少年団やカルチャーセンター、地域の道場といった地域型活動や、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・専門学校・大学など、学校のクラブ活動として、また、官公庁、民間企業など、職域のクラブ活動として少林寺拳法を普及させています。こうした中で、男女を問わず、”誰でも、いつまでも、楽しく、幅広い年齢層で楽しめる少林寺拳法”を通じて、豊かな人間性を涵養し、体も心も養う、「体と心の健康づくり」をしています。

 連盟本部、各連盟などの活動は、次のとおりです。

連盟本部

 連盟本部では、毎年、「新年稽古始め」に始まり、春には各少林寺拳法部部長・監督を対象とした「部長・監督研修会」を実施しております。特に部長は、受講が義務になっています。

 毎年秋(10〜11月)には、各都道府県連盟を主幹に全国大会を開催しております。その他、新たに少林寺拳法部やスポーツ少年団やコース制支部を開設希望者を対象とした部長・監督資格認定研修会を年に3回以上開催しております。また、毎年、日本武道館と共催で、いわゆる国庫事業として、少林寺拳法指導者研修会を日本武道館研修センターを会場に開催しております。

 上記以外の活動(事業)としては、会員への修練科目表や少林寺拳法読本、そのた修練のための各種出版物、DVDなども制作し、発行しております。

全日本実業団連盟

 企業や官公庁の少林寺拳法部で構成されています。下部組織として関東実業団連盟、東海実業団連盟、関西実業団連盟、四国実業団連盟があります。

 終業後、それぞれの事業所内の体育館や武道場で毎週定期的に修練しています。実業団連盟の場合、同じ企業内でも部署の違う者が一堂に会し修練できるため、コミュニケーションまた情報交換の場ともなり、役職階級を超えて、楽しく有意義な時間を持っています。連絡先または各所属は、こちら(実業団)をご確認ください。

学校クラブ

 中学、高校、大学などいわゆる学校内の課外活動として行われています。全国中学校連盟、全国高等学校連盟、全日本学生連盟(大学・短大)があります。高校少林寺拳法連盟は、2014年の全国大会(夏開催)から、インターハイの正式種目となり、ますます盛んになっています。学校のクラブ活動ということで、ともすれば競技第一、勝敗第一になり勝ちでありますが、少林寺拳法創始の原点である「人作り」を、指導者はもちろんのこと部員たちも大切に大会に臨んでいます。連絡先または各所属は、こちら(幼稚園・小学校・中学校・各種専門学校 / 高校 / 大学)をご確認ください。

スポーツ少年団

 下は幼稚園児から16歳までの少年少女を入会対象にした支部で、全国各地に存在します。連盟本部で指導者資格を認定された指導者を支部長に数名の支部長を補佐する指導員のもと少林寺拳法の修練を通して健康で逞しい人間を目指して活動しています。連絡先または各所属は、こちら(道場検索(スポーツ少年団))をご確認ください。

全日本自衛隊連盟

 陸・海・空の各自衛隊の基地に所属する隊員で構成されている連盟です。自衛隊は階級社会です。しかし、各クラブは、階級を外して和気藹藹の中、創始者の教えを大切に修練しています。年に一度各地の基地内体育館で「全自衛隊大会」が開催されています。連絡先または各所属は、こちら(自衛隊)をご確認ください。

少林寺拳法健康プログラム

 「少林寺拳法に触れることによって、多くの人々に生きることの楽しさを実感してほしい」?そんな想いから生まれたのがコース制です。少林寺拳法の技法(=法形)にある理に適った身体の使い方を、健康増進というテーマに絞ってポイントを抜き出し、新しい運動プログラムとして提供しています。体力に自信のない年配の方を対象にした《ゆた・らくコース》。主に女性を対象にした《MY STEPコース》。50代から60代の壮年男性を対象にした《OVERDRIVEコース》の3コースが2011年よりスタートしています。コース制は2016年4月から「少林寺拳法健康プログラム」に改称して活動しています。連絡先または各所属は、こちら(道場検索(健康クラブ))をご確認ください。

連盟本部所在地

連盟本部 一般財団法人 少林寺拳法連盟
会長 川島 一浩 (かわしま かずひろ)
本部所在地 〒764-8511 香川県仲多度郡多度津町本通3-1-59
連絡先 TEL:0877-33-2020  FAX:0877-56-6022