「未分類」カテゴリーアーカイブ

少林寺拳法東海学生新人大会が開催されました

12/16(日)南山大学にて「第15回少林寺拳法東海学生新人大会」が開催されました。愛知県連盟からは、24名の先生方を審判団として派遣しました。

 

体育館は暖房施設もなく極寒です。そんな中、学生たちは道衣姿で元気に演武や立合評価法を披露してくれました。審判員の先生方はそんな学生たちを応援しようと、こちらも寒さに震えながら厳正な審判や評価をされていました。

全ての審査が終了した後、本部審判員会委員である林正義先生による技術講習会が開催されました。学生たちは真剣な表情で林先生の話に耳を傾け、技術研鑽に励んでいました。

この素晴らしい学生たちが大学を卒業した後、ピカピカの新入社員となって忙しい日々を送る中でも、それぞれのペースで町道院で少林寺拳法の修行を続けてくれることを期待するばかりです。

年末のお忙しい中審判をお引き受け下さった先生方、どうもありがとうございました!

2018.12.17(事務局長 秋葉みどり)

 




禅林学園高等学校説明会が開催されました

香川県多度津町より小判繁樹校長が来名され、12月度所属長会議終了後に「禅林学園高等学校説明会」が開催されました。

小判校長は、開校に至った経緯や現在の学校状況、そして少林寺拳法を修行してきた子どもたちがそこへ入学し学ぶ意義などを熱く語られました。

禅林学園高等学校へ入学しそこで学びたい、自分を変えたい、成長させたい…そんな思いを持つ拳士はいるでしょう。そしてそんな拳士たちを指導し応援する所属長にとっては、良い機会になったことと思います。

先生方は配られた資料に目を通しながら、熱く語る小判校長の話に聞き入っていました。

禅林学園高等学校のますますの発展を祈ります!

ご出席いただいた所属長の先生方、ありがとうございました。

2018.12.10(事務局長 秋葉みどり)

 

 

 




愛知県地域社会少林寺拳法指導者研修会を開催

11/17(土)18(日)の両日、愛知県武道館にて<平成30年度 愛知県(名古屋市)地域社会指導者研修会>が開催されました。

主催:(公財)日本武道館・全国都道府県立武道館協議会・(一財)少林寺拳法連盟・愛知県公立武道館協議会  主管:愛知県少林寺拳法連盟

中央派遣講師として本部名誉委員の牧野清先生と国際指導員の川端哲先生においで頂き、また地元からは多月文博理事長と林正義副理事長が講師となり、二日間ご指導頂きました。開講式に引き続き鎮魂行、そして牧野先生と川端先生から「基本」をみっちりご指導頂きました。「基本の大切さ、そしてそれがいつの間にかおろそかになっていることをご指導から学びました」との感想が、多くの受講者から寄せられました。

技術研修として剛法と柔法、そして演武をご指導頂きました。先生方の熱心な指導に、受講生の皆さんは笑顔で楽しく、痛くても嬉しそうに!体を動かしていました。牧野先生からは技の成り立ちについての話をお聞きすることができ、貴重な話に皆さんは興味津々な様子でした。

技術研修だけでなく、講話も3コマ設定しました。

牧野先生からは「開祖の志」として、開祖とのエピソードやその人柄についてお話し頂きました。開祖を直接知らない人がほとんどの今、こんな話を聴くことができる機会は貴重です。皆さんは身を乗り出して、牧野先生の話に聞き入っていました。

川端先生からの講話は「私と少林寺拳法」でした。「私たちは指導者であり布教者であり、そして生涯修行者なのだ」と説かれ、そしてその手元にある付箋がたくさん貼り付けられた教範を「今も毎日2ページくらいは読んでいる、読むたびに新しい発見や気づきがある。皆さんはちゃんと読み込んでいるか」との問いかけがありました。

多月理事長の講話は「ゆたかに生きる」です。「少林寺拳法は実戦であり実践である。技術は普段の生き方にいかされる。どう生きるか。前を向いて生きていこう」と話をされました。

そして両日とも、愛知県武道館の松岡館長は熱心に終日後方でご覧下さっていました。「認識が変わりました。少林寺拳法は最強なんだと思えてきました」とのお言葉を頂戴しました。

全ての日程を終え、閉講式では受講者代表に「修了証」が館長より手渡されました。

この研修会での学びを持ち帰って頂き、それぞれの所属での指導に活かして頂けたらと思います。

受講生の皆さん、終日の研修会への参加大変お疲れ様でした!

2018.11.20(事務局長 秋葉みどり)




<全国大会inぐんま>で愛知県の拳士が活躍!!

10/27・28、群馬県にある高崎アリーナで、全国大会が開催されました。愛知県からは組演武・団体演武合わせて、総勢160名の拳士が出場しました。

そして、一般女子マスターズの部で牧村・杉浦組(名古屋植田・名古屋太子)が、小学生Aの部では船橋・齋藤組(名古屋伏屋)が最優秀賞を授与されました。おめでとうございます!

閉会式では、多月理事長が次年度愛知県で全国大会を開催することを声高らかに宣言しました。

出場された拳士の皆さん、そして応援で帯同された多くの所属長や関係者の皆さん、お疲れ様でした。

2018.10.30(事務局長 秋葉みどり)

 




2018年愛知県少林寺拳法大会を開催しました

7月22日(日)愛知県武道館にて、1050名の拳士に出場頂き愛知県大会を開催しました。

前日の午後からは多くの所属長や幹部拳士の方々によって、会場設営がなされました。準備万端!大会当日を待つばかりです。

今年の県大会は、1050名の拳士の方々に出場頂きました。川島一浩連盟会長には終日、県大会の様子をご覧頂きました。閉会式前に行われた愛知県連盟アトラクションチームによるパフォーマンスでは、大きな盛り上がりを作ることができました。アトラクションチームの皆さんに感謝です!

今回は会場の都合で駐車場や観覧席の確保では皆さんに多くのご迷惑をおかけしましたが、さすが少林寺拳法関係者の皆さん!お互い譲り合って頂く中で大きな混乱が発生することはありませんでした。しかし当日は大変な猛暑日となり、空調関係では決して快適とは言えない状況であったことをお詫びするばかりです。申し訳ありませんでした。

大会翌日には、中日新聞に大きく大会の様子が掲載されました。

そして現在、プロスポーツカメラマンによって撮影された写真の数々がインターネット上に掲載されています。間近で撮影された迫力ある様子をご覧頂き、是非ご購入ください!大会運営にあたり、多くの皆さんにご協力頂き心より感謝します。

いよいよ来年はスカイホール豊田で県大会(6/9)、そして全国大会(11/23.24)です。愛知県連盟一丸となって盛り上げていきましょう!

2018.8.2(事務局長 秋葉みどり)




SSL接続できるようになりました!

愛知県連サイトにより安全にアクセス出来るよう、愛知県連サイトを改良し、SSL通信(暗号化通信)出来るようにしました。

 

 

愛知県連サイトにアクセスする際、アドレス欄に

https://shorinji-aichi.jp/wp/kenren

と入力すると、上記の画像のようにアドレスバーに鍵のマークが表示されるようになります。

今後、鍵マークが付いていないサイトには警告メッセージが表示されるようになってくるようなので、愛知県連サイトも世界標準に合わせてSSL通信を行えるサイトに変更しました。

 

 

愛知県連サイトのセキュリティ強化に合わせて、愛知県連サイトの管理下にある支部サイトも、合わせてセキュリティー強化を行いましたので、アドレス欄に、

https://shorinji-aichi.jp/wp/●●/

と入力していただきますと、鍵マークが表示されるようになりました。

 

※支部ブログの中で、愛知県連サイト以外のサイトから画像を引用・転記すると、鍵マークに警告メッセージが表示されることがあります。

 

SSL通信対応へと修正しましたので、出来るだけ今後の県連サイト及び支部サイトのご案内は、「https://」のアドレスを使うようにしていただけると助かります。

 




高校総体のPRイベントにアトラクションチームが協力しました

定期総会が開催された同日、この夏東海地方で開催される高校総体(インターハイ)のPRイベントが、アスナル金山で開催されました。

高校連盟からの協力依頼を受け、愛知県アトラクションチームのメンバーが高校生たちと共に演武を披露し、その様子が翌日4/23の中日新聞県内版に掲載されました。

少林寺拳法競技は8/3~5にかけて、西尾市総合体育館で開催されます。今年の愛知の夏は熱い!!!ですね。

2018.4.23(事務局長 秋葉みどり)




2018年度定期総会を開催しました

4月22日(日)春日井市総合体育館・大会議室にて、定期総会を開催しました。

当日は公私ともにお忙しい中多数の先生方が出席くださり、質疑応答の中では今後の少林寺拳法の普及に向けて、活発な議論もなされました。

追加議案としてブロックの見直しに関して規約の改正を提案し、賛成多数で採択されました。これを以って愛知は今後、県内を「東三河」「西三河」「名古屋北」「名古屋南」そして「尾張」「知多」ブロックに分けての運営となります。多くの議題について、ご承認いただき感謝します。

ご出席いただいた先生方、長時間にわたる論議を頂きありがとうございました。

2018.4.23(事務局長 秋葉みどり)

 




愛知県体育協会より表彰されました!

3月15日(水)ウィルあいちにて、平成29年愛知県体育協会表彰が行われました。

少林寺拳法からは<スポーツ功労賞>として、間瀬美香先生(武豊みなみ)と山下研治先生(愛知浄水)が表彰されました。

そして昨年夏に開催された世界大会優勝という成績が評価され<スポーツ栄光賞>として

牧村万紀子・二村三葉組(名古屋植田・名古屋太子)、川畑依子・松尾春香組(中部大学第一高校)、則竹達也・則竹小佑子組(熱田)、齋藤宏・齋藤旭組(名古屋伏屋)、田家涼太郎拳士(愛知師勝)

が表彰されました。

表彰された皆さん、おめでとうございました!

2018.3.16(事務局長 秋葉みどり)

 




3月 理事長通信

合掌

 2011年3月11日、東北沖でマグニチュード9.0の巨大地震が発生、太平洋沿岸を巨大津波が襲い、東京電力福島第一原発事故が起きました。そして、2018年3月11日・・・。災害関連死を含む死者19,533人、行方不明者2,585人。復興庁によると今なお避難生活を余儀なくされている方が今年2月時点で約73,000人、そのうち約53,000人が仮設住宅での不自由な生活を続けられています。7年が経過した被災地では土地の嵩上げや防潮堤の建設が進み、復興住宅や商業施設も相次いで完成するなどハード面での復興は徐々にではあるが前進しているようです。しかし、被災地住民の方々ひとりひとりの暮らしや心の復興はどこまで進んでいるのでしょう。特に、福島第一原発事故の後遺症に苦しむ福島県の方々約34,000名が今なお県外避難中ということからも未曾有の大災害がもたらした後遺症はそう簡単には癒えません。自然災害の恐ろしさ、人間の無力さをまざまざと思い知らされた“東日本大震災”。各テレビ局からは様々な視点による追悼番組が制作・放映され、7年という時間の経過によってこれほどの未曾有の大災害であっても風化されつつある現状に警鐘が鳴らされる一日となりました。犠牲となられた多くの方々のご冥福をお祈りすると共に、被災されたすべての方々の心の平安を願うばかりです。愛知県連盟としては発生の翌年(2012年6月1日)から5年間にわたって現地を訪れ、被災状況や復興状況を見聞きすることや防災活動の在り方、減災知識の習得に取り組んできました。何よりこの災害を風化させないための継続的な活動を試行錯誤しながら取り組んできたところです。毎年開催する愛知県大会の参加賞に“福島県産のお米”を配らせていただいていることもその一つです。今後も継続して自分たちにできる取組みを模索しながら次世代に伝え続けなければならないと思っています。

 さて本日(3月11日)、岡崎市中央総合公園内武道館において「2018年考試員・審判員講習会」を314名(近隣県からの参加者含む)の参加者を得て無事に開催することができました。年1回開催されるこの講習会は、参加者資格が四段以上ということで県内の指導者層が全員参加する講習会でもあります。自身が昇格考試(昇級・昇段)や大会審判を担当するための自己研鑽の場としてだけでなく、各所属において拳士を指導する立場での必要な知識や情報を得る機会でもあります。しかし、年1回だけの機会で終わらせない取組みでなければなりません。継続して学ぶ機会、そして実際に考試員・審判員として役割を担う機会がなければなりません。現状、昇段考試員は毎月実施している考試員研修会の参加者の中から、そして大会審判員についても年に3回程度実施している審判研修会参加者から選抜しています。県内11ヶ所で開催される昇級考試や各市町での大会審判に加えて学生連盟、高校連盟主催の大会審判の派遣等、担当していただくには研修会参加者からという方向性は今後も変わりません。

2018年度から、これまで県連に委託されていた昇格考試に関する業務(具体的には毎月の昇格考試と年1回の考試員・審判員講習会等)と専門学校禅林学園閉校による愛知武専の運営を「愛知県UNITY運営委員会」という耳慣れない新組織で運営することが決まっています。考試・審判技術の向上と、過去5年間で学生数がほぼ半減している武専の活性化に取組むことが引き続きの課題になっております。考試員、審判員の資格者自身が積極的に自己研鑽の場を求めていただけるように毎月の研修会や武専の内容を今以上に魅力あるものに高めていかなければならないと痛感しています。昨日の講習会でもお話ししましたが、まずは毎月の昇段考試員と資格者を対象に行っている技術研修会を武専研究会授業と合体した形で実施することを検討しています。その時間枠の中で年3回くらいは審判研修も実施していく予定です。義務感や負担感を感じずに進んで参加できる研鑽の場を提供するためのアイデアやご意見をお寄せください。

先月号でも書きましたが、新設される組織については現時点で示されている内容が明確ではないと感じています。今回の運営母体変更についてまさか「内容的に従来からの昇格考試と武専運営をこれまでと同様にやるのだから何も問題ない」との認識であるとは思ってはいませんが、実際に運営する地方組織としては時間のない中で整理することも色々あり、年度末の運営が窮屈になっています。

組織機構改革で求められた“組織の区別化”とは何だったのでしょうか。

※少林寺拳法“グループ愛知”ポータルサイト構築計画に伴い以下のサイトが立上っています。

 

(愛知県連盟サイト:https://shorinji-aichi.jp/wp/kenrenにて紹介)

  ■11支部サイト掲載(スポーツ少年団・大学・実業団)

 

(愛知県教区サイト:https://shorinji-aichi.jp/wp/kyoukuにて紹介)

   ■54道院サイト掲載

 

再拝

2018 年 3月 11日

愛知県連盟理事長  多月 文博