「ブログ」カテゴリーアーカイブ

平成30年度愛知県体育協会表彰式が行われました

3/12(火)ウィルあいちで、愛知県体育協会表彰式が開催されました。

今年は少林寺拳法連盟から、全日本学生大会において三人掛けの部で1位だった愛知大学の馬場統規・水野功教・田家涼太郎拳士たちが「優秀選手賞」を!

↑三人の笑顔が素敵です♡♡♡

そして「功労賞」として、愛知朝日の平井慎司先生と東海加木屋の秋葉が受賞となりました。

平井先生は、愛知武専の担当責任者でもあられます。武専の大きな改革この時期、とても大変な業務を担当頂いています。私については恐縮するばかりです。

「2019年少林寺拳法全国大会inあいち」開催に向けて、県内一丸となってますます頑張っていこう!と思える表彰式でした。

2019.3.12(秋葉)

 

 

 




2019年度考試員審判員講習会を開催(UNITY運営委員会)

2月24日(日)岡崎中央総合公園・総合体育館(武道館)にて、2019 年度考試員審判員講習会を開催しました。一部県外の方も含め総勢約300名の有資格者の皆さんが、朝早くから会場に参集されました。

昨年に引き続き開講式を前に、内田康宏岡崎市長と中根勝美少林寺拳法岡崎連合会会長よりお言葉を頂戴しました。

いよいよ開講です。鎮魂行に引き続き、主催者である愛知県UNITY運営委員会代表の多月文博先生より、この講習会の意義などが話されました。

講義スタートです。代表でありUNITYナショナル考試員審判員でもある多月先生から、講習会の目的や考試員・審判員の在り方などについての講義がなされました。

続いて、UNITYナショナル考試員審判員の須田剛先生による考試任務に関する自己チェック。受講生の皆さんは講義を受け、資料に目を通しながら丁寧に真剣に自己チェックをされていました。

後半は、UNITY国際考試員審判員の林正義先生による大会審判における講義です。VTRや実際の演武による審査基準の確認と実習が行われました。点数をつけ、得点ボードを掲げての実習もありました。この講義のために演武を発表してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

最後に技術講習です。短い時間でしたが、受講生のみなさんが終始この日一番の笑顔で楽しそうに取り組まれている時間でした。

愛知県UNITY運営委員会では4月以降、「UNITY武専」とは別に「愛知武専」として独自の講習会を複数回開催していきます。そこではこの講習会でやり足りないと思われたであろう技術や学科講習を行っていく予定です。共に自己研鑽に励んでいきましょう!幹部拳士の皆さんの積極的なご参加をお待ちしています。

終日の講習会に参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。

2019.2.25(愛知県UNITY運営委員会)

 

 

 




少林寺拳法東海学生新人大会が開催されました

12/16(日)南山大学にて「第15回少林寺拳法東海学生新人大会」が開催されました。愛知県連盟からは、24名の先生方を審判団として派遣しました。

 

体育館は暖房施設もなく極寒です。そんな中、学生たちは道衣姿で元気に演武や立合評価法を披露してくれました。審判員の先生方はそんな学生たちを応援しようと、こちらも寒さに震えながら厳正な審判や評価をされていました。

全ての審査が終了した後、本部審判員会委員である林正義先生による技術講習会が開催されました。学生たちは真剣な表情で林先生の話に耳を傾け、技術研鑽に励んでいました。

この素晴らしい学生たちが大学を卒業した後、ピカピカの新入社員となって忙しい日々を送る中でも、それぞれのペースで町道院で少林寺拳法の修行を続けてくれることを期待するばかりです。

年末のお忙しい中審判をお引き受け下さった先生方、どうもありがとうございました!

2018.12.17(事務局長 秋葉みどり)

 




禅林学園高等学校説明会が開催されました

香川県多度津町より小判繁樹校長が来名され、12月度所属長会議終了後に「禅林学園高等学校説明会」が開催されました。

小判校長は、開校に至った経緯や現在の学校状況、そして少林寺拳法を修行してきた子どもたちがそこへ入学し学ぶ意義などを熱く語られました。

禅林学園高等学校へ入学しそこで学びたい、自分を変えたい、成長させたい…そんな思いを持つ拳士はいるでしょう。そしてそんな拳士たちを指導し応援する所属長にとっては、良い機会になったことと思います。

先生方は配られた資料に目を通しながら、熱く語る小判校長の話に聞き入っていました。

禅林学園高等学校のますますの発展を祈ります!

ご出席いただいた所属長の先生方、ありがとうございました。

2018.12.10(事務局長 秋葉みどり)

 

 

 




県連懇親会を開催しました

12/1(土)名古屋百楽にて、県連懇親会を開催しました。

次年度愛知県で開催する全国大会に向けて、キックオフ!の意味も込めての懇親会でした。

熱い思いを持った先生方から、貴重な話をたくさん伺うことができました。

年末のお忙しい時期にお集まり頂いた先生方、ご参加頂きありがとうございました。

2018.12.3(事務局長 秋葉みどり)




ブログ編集用マニュアルの更新

支部・クラブから投稿するブログ編集用マニュアルが新しくなりました。

 

新しいマニュアルのアドレスは

操作マニュアル [印刷用 4.6M] http://shorinji-aichi.jp/pdf/blog_manual1.2_print.pdf

操作マニュアル [圧縮版 1.9M] http://shorinji-aichi.jp/pdf/blog_manual1.2_small.pdf

操作方法を一度ご確認の上、行事記録などの新しい記事をどんどん掲載して下さい。

(製作者:大阪高槻道院 北野先生より)




愛知県地域社会少林寺拳法指導者研修会を開催

11/17(土)18(日)の両日、愛知県武道館にて<平成30年度 愛知県(名古屋市)地域社会指導者研修会>が開催されました。

主催:(公財)日本武道館・全国都道府県立武道館協議会・(一財)少林寺拳法連盟・愛知県公立武道館協議会  主管:愛知県少林寺拳法連盟

中央派遣講師として本部名誉委員の牧野清先生と国際指導員の川端哲先生においで頂き、また地元からは多月文博理事長と林正義副理事長が講師となり、二日間ご指導頂きました。開講式に引き続き鎮魂行、そして牧野先生と川端先生から「基本」をみっちりご指導頂きました。「基本の大切さ、そしてそれがいつの間にかおろそかになっていることをご指導から学びました」との感想が、多くの受講者から寄せられました。

技術研修として剛法と柔法、そして演武をご指導頂きました。先生方の熱心な指導に、受講生の皆さんは笑顔で楽しく、痛くても嬉しそうに!体を動かしていました。牧野先生からは技の成り立ちについての話をお聞きすることができ、貴重な話に皆さんは興味津々な様子でした。

技術研修だけでなく、講話も3コマ設定しました。

牧野先生からは「開祖の志」として、開祖とのエピソードやその人柄についてお話し頂きました。開祖を直接知らない人がほとんどの今、こんな話を聴くことができる機会は貴重です。皆さんは身を乗り出して、牧野先生の話に聞き入っていました。

川端先生からの講話は「私と少林寺拳法」でした。「私たちは指導者であり布教者であり、そして生涯修行者なのだ」と説かれ、そしてその手元にある付箋がたくさん貼り付けられた教範を「今も毎日2ページくらいは読んでいる、読むたびに新しい発見や気づきがある。皆さんはちゃんと読み込んでいるか」との問いかけがありました。

多月理事長の講話は「ゆたかに生きる」です。「少林寺拳法は実戦であり実践である。技術は普段の生き方にいかされる。どう生きるか。前を向いて生きていこう」と話をされました。

そして両日とも、愛知県武道館の松岡館長は熱心に終日後方でご覧下さっていました。「認識が変わりました。少林寺拳法は最強なんだと思えてきました」とのお言葉を頂戴しました。

全ての日程を終え、閉講式では受講者代表に「修了証」が館長より手渡されました。

この研修会での学びを持ち帰って頂き、それぞれの所属での指導に活かして頂けたらと思います。

受講生の皆さん、終日の研修会への参加大変お疲れ様でした!

2018.11.20(事務局長 秋葉みどり)




高校生新人大会へ審判団を派遣しました

11/11(日)露橋スポーツセンターで開催された<平成30年度愛知県高等学校新人体育大会 少林寺拳法競技>へ、愛知県連盟より10名の先生方を審判員として派遣しました。

新人大会ということで4月に少林寺拳法を始めたばかりの白緑帯の拳士も多数出場していて、審査するこちらまでそんな彼らの張り裂けんばかりの緊張感が伝わってくるような大会でした。審判を担当された先生から「高校生の良い緊張感があり、楽しく有意義に、そしてかつ厳格に審判という責務をこなせて頂き幸せでした」という言葉もありました。この大会が、出場した高校生たちの今後のさらなる成長の糧となることを期待するばかりです。

お忙しい中審判員を引き受けて下さった先生方、ありがとうございました!

2018.11.12(事務局長 秋葉)

 

 




<全国大会inぐんま>で愛知県の拳士が活躍!!

10/27・28、群馬県にある高崎アリーナで、全国大会が開催されました。愛知県からは組演武・団体演武合わせて、総勢160名の拳士が出場しました。

そして、一般女子マスターズの部で牧村・杉浦組(名古屋植田・名古屋太子)が、小学生Aの部では船橋・齋藤組(名古屋伏屋)が最優秀賞を授与されました。おめでとうございます!

閉会式では、多月理事長が次年度愛知県で全国大会を開催することを声高らかに宣言しました。

出場された拳士の皆さん、そして応援で帯同された多くの所属長や関係者の皆さん、お疲れ様でした。

2018.10.30(事務局長 秋葉みどり)

 




2018年愛知県少林寺拳法大会を開催しました

7月22日(日)愛知県武道館にて、1050名の拳士に出場頂き愛知県大会を開催しました。

前日の午後からは多くの所属長や幹部拳士の方々によって、会場設営がなされました。準備万端!大会当日を待つばかりです。

今年の県大会は、1050名の拳士の方々に出場頂きました。川島一浩連盟会長には終日、県大会の様子をご覧頂きました。閉会式前に行われた愛知県連盟アトラクションチームによるパフォーマンスでは、大きな盛り上がりを作ることができました。アトラクションチームの皆さんに感謝です!

今回は会場の都合で駐車場や観覧席の確保では皆さんに多くのご迷惑をおかけしましたが、さすが少林寺拳法関係者の皆さん!お互い譲り合って頂く中で大きな混乱が発生することはありませんでした。しかし当日は大変な猛暑日となり、空調関係では決して快適とは言えない状況であったことをお詫びするばかりです。申し訳ありませんでした。

大会翌日には、中日新聞に大きく大会の様子が掲載されました。

そして現在、プロスポーツカメラマンによって撮影された写真の数々がインターネット上に掲載されています。間近で撮影された迫力ある様子をご覧頂き、是非ご購入ください!大会運営にあたり、多くの皆さんにご協力頂き心より感謝します。

いよいよ来年はスカイホール豊田で県大会(6/9)、そして全国大会(11/23.24)です。愛知県連盟一丸となって盛り上げていきましょう!

2018.8.2(事務局長 秋葉みどり)