愛知県教区研修会開催

2月4日(日)グリーンパレス春日井 第9会議室にて愛知県教区研修会を開催しました。

本山教学研究委員会の須田委員長を講師にお迎えし、「権大導師」「大導師」それぞれのテーマで講義を実施して頂きました。

今回は、現代教育と金剛禅と釈尊の悟りの本質についての2テーマを実施しました。現代教育と金剛禅では、現代の学校教育の現状と子供達の現状を講義して頂き、金剛禅の果たすべき役割の大切さを受講生皆さんが理解し、道院活動のヒントを頂きました。

釈尊の悟りの本質についてでは、開祖が釈尊の教えを金剛禅にどのように活かしているかを分かりやすく解説して頂きました。

また開祖は、戦争体験から人間が変われると信じ努力することで社会が変われるという強い思いを込めている点では、釈尊が己の人生に対する悟りに対して、開祖は社会の中で生きていく生への自覚を個々ではなく、多くの人々に伝えている点など考えさせられる所もあり、金剛禅の布教者として指導者として、今やるべきことは何か、やるべきことを本当にやっているのかを考えさせられる講義でした。

講師の先生方のご尽力により、毎回とても実り多い教区研修会に、是非多くの道院長・拳士の方に参加して頂きたいと思います。今後更なる広がりを作っていけるよう、愛知県教区として積極的に展開していきますので、2018年度もどうぞよろしくお願いします。




いいね!>> いいね! 4 人
Loading...