≪2019年少林寺拳法全国大会inあいち≫

  少林寺拳法における大会とは、行を修めるための一形態であり、同時に地域に向けて幸福運動を展開する重要な場となっています。 大会は、勝敗や技の優劣のみを競うために開催されるのではなく、一つの目的に向かって結集した運動体として各所属の拳士たちが一同に会し、同志としての連帯感と親睦をより一層たかめ、すぐれたものに対しては賞賛と敬意の念を、遅れているものに対しては励ましといたわりの心を持ち、明日への運動のエネルギーを蓄積する場として開催されています。

≪2019年少林寺拳法全国大会inあいち≫に参加しました。

2019年11月22日(金)~24日(日)までの3日間、『スカイホール豊田}で設営スタッフ、アトラクションチームの参加、と大会に出場しました。

各コートテープ貼り

アトラクションチームの位置確認

秋葉事務局長と一緒です

事務局長、理事長との調整

  

アトラクションチーム控室

コート補助員(誘導)打ち合わせ

間もなく予選(一般女子三段以上の部)

間もなく予選(大学生女子三段)

懇親会で宗由貴代表と中日新聞社小山会長

アトラクションチームによる演武披露

 間もなく本選

いいね!>> いいね! 1 人
読み込み中...