最新の記事
Shorinji Kempo

修練中止の連絡

 新型コロナウィルスの影響の為、3月2日から24日までの間、修練をお休みさせていただきます。なお、3月14日に予定しておりました体験会は中止、3月22日に予定しておりました成果発表会につきましては翌月へ延期予定です。

 

 なお、自粛期間につきましては変更になる場合がございますので、その際は改めてご連絡致します。

朋有り遠方より来る!

 2月23日(日)、滋賀県にあります近江日野スポーツ少年団支部より、支部長の柴田宙先生がお越しくださいました!柴田先生とは昨年の特別昇格考試の際に一緒のグループだった事がキッカケで仲良くなりました。また私と同い年ということもあり、すぐに打ち解け合う事ができました!以降定期的に連絡を取り合い、先月は近江日野スポ少へ出稽古に伺いました。普段は支部運営の事などで互いに相談し合いながら奮闘している次第であります!

折角の機会ですので、練習の大半をお任せしました!

 

 全体基本では、礼儀作法の大切さからスタートしました。その日の練習で一番ドキドキした瞬間でもあります(^_^;)純粋に礼儀や態度といった所だけでなく、武道的要素もふくめ、隙の無い立ち方、座り方などを紹介していただき全員でトライ。私たちも皆に攻撃を仕掛けていきます!

 続けて基本攻防。近江日野スポ少では、月ごとに「テーマ」を決め、それを意識して修練するという取り組みを行なっておりますが、ちょうど2月のテーマは「気合」です。ということもあり、特に気合を意識して挑戦!子ども達の傾向として、普段と違う人が前に立ったりすると、恥ずかしさ等からどうしても気合が小さくなるという事がありますが、子ども達が柴田先生に慣れるのが早く、徐々に良い気合が出せる様になりました!また、柴田先生も子ども達の心を掴むのが非常に上手く、最初は緊張していた子ども達の表情もあっという間に緩み、短時間ですぐ打ち解けていました!

相対演練では上受突(裏)に挑戦!

子ども達以上に、柴田先生が一番楽しんでいます(*^_^*)

 しばらく時間が経って、よくみると柴田先生がここにいる誰よりも楽しんでおります。その影響もあってか、会場の雰囲気は自然と楽しくなります。前に立つ人が楽しむ、自ら楽しむ。この大切さを再認識しました。また、常に一人一人に対して気配りをされ、全員に声かけや指導を行なってくださいました。私も、子ども達も最高に嬉しかったです!

学科・講話のテーマは「この修行で得たもの」です!

 得たものは人との「繋がり」と柴田先生。支部での出会いはもちろん、大会や行事など、繋がりを得る機会は今後増えていきます。子ども達もぜひこの先、そういった繋がりを大切にして、「良き友」に出会える事を願うばかりです。柴田先生の思いがきちんと伝わったのか、いつも以上に子ども達の姿勢や目線が良いです。心で聴けている証拠かな?実体験に基づく事、心の底からきちんと思っている事は、自然と相手に伝わるということが示された瞬間でもありました。

最後は鎮魂行でしめます!

 学科が終わってからの修練は、いつも以上に活気のあるものでした。そして何より、皆がいつもよりも楽しそうに修練に励んでいました。終始、驚きの連続です!柴田先生の「子ども達を引きつける魅力」は本当に凄いものです。また、「子ども達の憧れの存在でありたい」と口にしておりましたが、どこかでその気持ちを忘れていた自分に気づかされました。

 また、柴田先生の印象は、いわゆる『先生』という存在というよりは、子ども達にとって「少し上のお兄さん」という感じでした。故に壁を感じる事も無く、すぐに打ち解けていけたのだと思います。純粋に子どもが好きだからこそ、嘘偽りなくまっすぐ接する事ができる!もう一度、原点に帰ろうと思いました。

 このような感じで楽しい2時間はあっという間に過ぎてゆきました。同い年の所属長であり、親友である柴田先生からたくさんヒントをいただく事ができました!また、近江日野スポ少の子達と同じように、松平スポ少の子達にも愛情を持って接していただきありがとうございました!!!今後も、お互いに良い刺激を与えながら、活気ある支部づくり、活気ある人づくりに邁進していきたいと思います!

先月、近江日野スポ少にて。私達の若い力で、皆に元気を届けます!

新年会2020!

 本日2月2日、松平スポ少の新年会を開催しました!かれこれ支部が立ち上がってから凡そ2年になりますが、実は忘年会や新年会といった行事は開催したことがなく、今回が初めてとなります。

 今回のお店は私の近所にあるお寿司屋さんなのですが、OBのK拳士がこちらで長年バイトをしており、その縁もありチョイスしました。彼が巣立ってからそろそろ1年、美容師を目指しているということもあり大変忙しく、久々にゆっくり話す事ができました。引き続き、夢に向かって頑張る彼を応援し続けたいです。

 2019年は新メンバーがたくさん増えたので、K拳士の事を知らない拳士も多いです。まずは彼に自己紹介をしていただき、宴会はスタートしました!※下の記事も参照下さい!

K拳士、最後の修練

 宴会スタート!歓談でまずは盛り上がります。拳士だけでなく保護者同士の縁も深まり、また普段送迎の合間の時間だけでは話せないお話もたくさんでき、非常に良い時間を過ごすことができました!

 本日お借りしたお部屋はスクリーン&プロジェクターが使用できるので、子ども達の飽きが出始めたあたりで動画鑑賞タイムスタート!その1では、昨年の全国大会、観にいきたかったけど行けなった!という方が多かったので、保乃加先生が所属しているアトラクションチームの発表を観ました!

 その2では、松平スポ少立ち上がりから今日に至るまでの総集編を保乃加先生が作ってくれましたのでそちらを鑑賞。新しい拳士や保護者の方も、それ以前の活動を知る良い機会となりました!こうやって改めてみると、特に初期からのメンバーはすごく身長も伸び、帯の色も変わり、顔つきも変わり、いろいろと成長したなぁ、と実感しました。新しいメンバーも、今後どの様に成長していくのかとても楽しみです!

 それにしてもウチの子達はいつも元気いっぱい!先輩も後輩も関係なく盛り上がっています(笑)先輩だから後輩の面倒をみる、というよりは、先輩後輩関係なく、皆が同じ目線で楽しんでいます。ジャンケンひとつで小1も小6も同じように楽しめるというのは素晴らしい事だと思います!

 楽しい時間も時の間に過ぎ、お開きの時間となりましたが、その前にK拳士へ修了記念品を贈呈。ふと思えば、彼とこうやって向かい合って合掌礼をするのも1年ぶり。懐かしさや嬉しさ、さみしさ、色々な気持ちが。。。

 そんなこんなで新年会2020はお開き。K拳士並びにお店の多大なる協力はもちろん、ご参加くださった拳士・保護者の皆様の支えもあり、大変良い会となりましたことを厚く御礼申し上げます。この先も、人の縁を大切にし、感謝の気持ちを忘れずに、皆のお役に立てる様に尽力してまいります。

これからもよろしくお願いします!!!

修練レポ:1/15日(新体制2回目)

 新体制になって2回目の修練。その今日は隆成拳士の指導者デビューの日でもあります。彼には時折準備体操や主座をお願いする事はありましたが、その日1日の流れをすべてお願いしたのは今日が初めてです。

 少し前までの彼は、失敗や自身の無さを笑ってごまかす、いわゆる逃げの状態が多かったですが、ここ最近、自分自身に自信が少しずつついてきたのか、社会に出てからの経験が活きているからか、目の前の事から逃げ出さなくなりました。それに応えるかのように、部員たちの気合いも張りがありました。

まずは自分のやれる所から。部員にうまく伝わったかな?

休憩中の1コマ。部員同士も日に日に仲の良さが増しています。

 学科は「本当の強さとは何か」をテーマに皆で読本を読みました。しばらく読本を使用しない学科が多かったので、私含め全員が読本を読み返す良い機会になりました。

 締めの主座まで臆する事なくやりきりました。以前の彼には無かった自信が確かにそこにあります。彼が次回担当するのは2週後の水曜日。今回の気づきをどの様に反映させるかが楽しみです。そして臆する事なくどんどん挑戦するその姿こそが部員にとって1番の刺激となります。生き方の良き見本となれるよう、一緒に頑張っていきましょう!

1月8日の修練(新体制スタート)

 先日の修練はじめ式で予告した通り、昨日の8日より新しい取り組みがスタートしました!具体的には、曖昧になっていた修練スケジュールの変更、指導体制の変更、iPadの有効活用などです。以下、新体制第1発目の様子を書き綴ります。

本日の全体的な指導者は保乃加先生!

 いつも基本や学科、主座などの全体的な事は私がやっていましたが、マンネリ化防止と指導者育成も兼ねて保乃加先生と隆成拳士が担当する日を増やします。第1発目は保乃加先生!予め担当をしっかり決めていたので、スムーズに進みます。

 学科の時間を使い、 O拳士へ合格証書の授与と、先日来れなかったO拳士とI拳士は当日反省と抱負を述べました。O拳士はお家でしっかりと反省と抱負を考えてきており、ハッキリと述べることができました!I拳士はすっかり忘れていたみたいですが、その場でしっかり考えてハッキリ言えました!

 続いて保乃加先生から新体制の説明がありました。技術修練はチェックシートを活用し、自分の習熟度がよりわかりやすくなりました。明確な目標もできるので、その後の技術修練の様子もいつもよりイキイキとしていました!また、我が家に眠っていたiPadをどんどん有効活用していきます。これで写真や動画を拳士たちが気軽に撮れるように!スローモーションの撮影もできます♪

 最後の作務も、作務そのものの在り方を見直しました。文字通り、自ら務めを作る事を意識して、今後も取り組んでいきたい限りです。 

 新体制もまだまだ始まったばかり。取り組む中で改善点もたくさん出てくるとは思いますが、皆で気付き考え、行動に移してより良い環境づくりをしていきます!次回の担当は隆成拳士、どんな修練の雰囲気になるのか、乞うご期待!

2020年修練はじめ!

  遅ればせながら明けましておめでとうございます!1月5日(日)から、2020年の修練がスタートしました!※いつもの事ですが今回は写真も多いので長いですσ(^_^;)

    

  当日は保護者の方に加え、私の同級生であるA君もゲスト参加してくれました!我々と一緒にまずは鎮魂行で、心を落ち着かせる所からスタート!続けて、修練はじめ式に先立ち、合格証書の授与ならびに表彰を行いました!まずは合格証書授与から。

G拳士、8級合格おめでとう!

同じM拳士、8級合格おめでとう!

  良いタイミングといいましょうか、年明け最初に黄色帯にグレードアップ!2人とも正式に先輩デビュー、今年も頑張っていこうね!引き続き表彰。

  2019年誰もが納得するレベルで皆の模範となったN拳士には、松平スポ少オリジナルの最優秀拳士賞ならびに記念品を贈呈!辛い事やしんどい事もたくさんあったと思いますが、その経験を積み重ねる度に、自分でも気付かない程成長してくれました。今年は変われる自分をより認識して、飛躍してほしいです!

  すっかり部員代表挨拶の事を忘れており、急遽保乃加先生に依頼をしました。事前に紙なども用意していなかったので大変だったとは思いますが、その時出た言葉こそ本物だと思います。まだまだ課題多き松平スポ少、皆で乗り切っていきましょう!

  支部長の今年一発目のありがた〜いお話ですσ(^_^;)いつもよりは短く簡潔に言えた!気がします。。。昨年は本当に試された年だったと思います。私たちだけでなく、日本、そして世界が。その中で「気付き」がたくさんあったと思います。まずは色々な事に気付けるよう、「感性」を日々の練習や生活の中で磨いていきたいですね。ちょうど昔、A君と聞いた「鏡の法則」のお話をしてしめました。続いて皆の昨年の反省と今年の目標を。

今年はメリハリをつけるぞ!byN拳士1級

嫌なことから逃げません!byN拳士4級

今年は泣かないぞ!byG拳士8級

今年は大きな声を出す!byM拳士8級

あいさつをしっかりとします!!!by A拳士見習

勉強と、大きな声でしゃべります!byY拳士見習

自己管理をしっかりします!!!by隆成拳士中拳士三段

  最後は無茶振りですがゲストのA君にも新年の抱負を喋ってもらいました。ここで部員の皆に問いましたが、全く知らない環境の中、いきなり人前で喋れ!と言われて皆は喋れるかな?と。年上だから当たり前に思うかもしれないけど、本当はとって難しい事。彼にように、動じずパッと喋れる人に育ってほしいです。A君、有難う!!!

  この後は新企画・洗濯バサミ乱捕りと毎度恒例少林寺拳法カルタ大会で盛り上がりました!

まずは先輩がお手本を!

後輩もそれに続きます!

M拳士、妹とお父さん相手にどう立ち向かう!?

一番盛り上がったY拳士とA君!凄かったです!!!

仁義なき姉弟の組み合わせ。昔じゃ考えられない成長した姿がここにあり!

  カルタ1ラウンド目は白黄帯とA君で!全員、「冬休みの宿題」をしっかりやっていたので問題なくやれました!周りでは先輩拳士がフォローします。2ラウンド目は先輩拳士で。叫び声があがっていました。。。笑

  さすがに2020本は突蹴できん!ですので、突50本蹴り50本、計100本で〆ました。運動不足の練習不足がバレますね。。。それにしても皆、いい気合いでした!

  最後に昨年渡せなかったお礼のお菓子をG拳士に渡し、

  修練はじめ式、お開きとしました。今年は新しい体制・取り組みで、より良い支部にしていきますので、どうぞ宜しくお願い致します!最後までご覧いただき、有難う御座いました!

修練修め&お楽しみ会

 12月25日(水)に修練修め&お楽しみ会を実施!

はじめの1時間で体験会も兼ねた練習を行いました

    

先輩部員の隣で鎮魂行・準備体操スタート

その後、体験組と部員メンバーで分かれそれぞれ練習を行います

体験組は、ミットを使って突・蹴の練習!

みんな楽しそうにミットをついていました(^^)

最後に突・蹴を保護者の方に発表して練習を終了しました!(^^)!

 

部員メンバーは和希先生のもと、男子チームは小手抜に挑戦、女子チームは内受突の研究を行います

最初に比べ、しっかりと説明を聞くことが出来るようになってきました(^-^)

 

練習が終わりお待ちかねのお楽しみ会!ほのかサンタのもとゲームがスタートします♬

様々なゲームを行い、最後はビンゴで締めくくり!

なかなかビンゴにならず神頼みをする子も…(笑)

無事全員がビンゴ、景品獲得となりました!

   

一年間頑張ったご褒美として部員メンバーに一人一人お菓子を贈呈!

当日参加のできなかった2人は年明けに渡します!

一年の締めを楽しく行うことができ、参加して下さった拳士の方々、体験に来てくれた方々、保護者の方々、皆様に感謝です

来年も試行錯誤しながら一所懸命に努力し活気あふれる支部にしていきたいです!!

今年一年お世話になりました!来年もどうぞ宜しくお願い致します。

ほのか

 

 

 

第847期 入会式を挙行致しました!

 少し遅くなってしまいましたが、第847期(2019年10月)入会者を歓迎し、入会式を12/22(日)に挙行致しました。今回は小学校1年生2名と、中学校3年生1名の入会です。あらためまして、ご入会おめでとうございます!!!以下、当日の様子を書いていきます。(撮影:保乃加先生)

 入会者宣誓の前に鎮魂行を行いましたが、まだ3人とも「道訓」をすべて暗唱することはできません(今回は副読本無しで行いました)。とはいえ、聖句や誓願などの一部を少しずつ覚えてくれており、私の後ろからハッキリとその声を聞くことができました。引き続き入会者宣誓。基本的には代表者が読むことになっていますが、松平スポ少は全員で宣誓することにしています。全員で一緒に読むところ、それぞれが読むところがあるので1人が間違えると大変な事になりますが、お互い助け合いながら上手にやってくれました。

松平スポ少では、袖章は必ず所属長自らが新入会者に取り付けます。

 今回最年長のY拳士。彼は中学3年生、つまり受験生です。受験シーズンに一旦休眠する拳士(他のスポーツや習い事などもそうですが)が多い中、極めて珍しいタイミングでの入会です。入会時に彼とお話をしましたが、今まで悔しい思いをすることが多かったらしく、強くなりたい!との事。人生の上でとても大事な時期に松平スポ少へ駈け込んでくれた彼をきちんと導いてあげられるよう、全力でサポートしていきたい限りです。

 お母さんがホームページをご覧になられた事がキッカケで体験に来てくれたI拳士。頭の回転が速く、よく気づき行動してくれます。その持ち味を活かせるよう、力の賢い使い方を今後一緒に考えていきたいと思います。また、先日一緒に練習した天地拳では、最初は「無理、覚えられない!」と弱音を吐いていましたが、最終的には動きと順番を覚えることができました。そういった経験を積み重ねて自信を付け、「本当に強い人」になってほしいです。

 I拳士と一緒に体験に来てくれたA拳士。体を動かすことは苦手みたいですが、逆に滑らかさやしなやかさを持っているので、それらを活かしてあげたいところです。またここへ来た頃は、なかなか挨拶を上手に言い切ることができませんでしたが、繰り返し教え込むうちに少しずつですが出来るようになり、日々の少しずつの成長がとても楽しみです。この「少しずつ」を大切にして、立派な拳士に育てていきたいです。

 自己紹介からの先輩方と対面礼。人前でしゃべる能力も今後必要になってきます。先輩たちも最初から上手に喋れたわけではなかったですが、たくさんの努力を積み重ねて出来るようになってきました。是非、そういった先輩たちの姿勢を見習って修練に励んでほしい限りです。

 今回法衣デビュー&演武披露デビューを果たした先輩N拳士。すごく法衣が似合っております。急遽単演を依頼したということもありほとんど練習できていない中でも、わずかな空き時間ずっと単演の練習に励み、今やれるだけの精一杯を果たしてくれました。「後輩を歓迎する気持ち」をきちんと表現してくれたな、と心から思います。当日はN拳士のお母さんも参列してくださり、我が子の成長を見ることができた&新しい仲間との横の繋がりを築いてくれたことかと思います。

 毎度恒例、支部長の長い話です(汗)。色々お話をしましたが、今年の全国大会で高校生の方が発表された論文が印象に残っており、最後にその話をしました。どうか、新たな仲間、並びに先輩方が未来に希望を持って生きていけるよう、使命を果たしていきたいと思います。

 先輩からの歓迎の言葉はR拳士が務めます。彼自身は人前で話すのは非常に苦手ですが、当日は臆することなく堂々と、新たな仲間へ言葉を贈ることができました。先輩だから、黒帯だから出来て当たり前に思うかもしれませんが、彼にとっては非常に大きな壁です。それでもそこから逃げることなく、自分の気持ちをハッキリと口にする彼の姿は大変凛々しかったです。「自分の考えをハッキリ言えないのが自分の弱点」と口にしていましたが、その弱みと向き合い、克服しようとするその姿は後輩たちにとって非常に良いお手本になれたことでしょう。

 今回の入会式を陰で支えてくれた司会担当のK拳士。ぶっつけ本番だったのですごく緊張したかと思いますが、進行の合間に次のセリフや動きなどを確認するなど、緊張に飲まれることなく自分のやるべきことを責任もって果たしてくれました。いつもは場を和ませる事が多いですが、この日はいつもと異なる彼女の表情を見ることができました。やるときはしっかりとやる。そういった先輩の姿勢を後輩に見せることができたのではないでしょうか。そして無事、閉式の辞をもって第847期の入会式を無事に終えることができました。

 いつも伝えている事なのですが、入会式は新入会者のためだけではなく、先輩たちの新たなスタートを切る為の場でもあります。新たな仲間が入らなければ、先輩になることはできません。そのことに気づき感謝して、新しい松平スポ少へと進化していきたい限りです。

今後とも、よろしくお願いします!!!

最近の修練風景!

 久々の更新です。10月半ばまでは行事や審査が続き、また10月は3名の新たな仲間が加わりました(12月入会式予定)。各行事や新たな後輩を受け入れる中で、先輩部員達が着々と成長していく姿を見せてくれます。

~力愛不二を考える~

 10月末~11月にかけて、私自身が「力愛不二」について考える機会を与えられたので、部員達と一緒に考えてみることにしました。

M拳士のご家族も体験で参加下さったので、一緒に考えてみました!

 子ども向けにもう少し簡単に説明してもよかったかな、とも思いましたが、先輩や大人の方のフォローもあるので、一歩踏み込んで考えてみました。「卍」と「ソーエン」の意味を学び、「相反するものが調和する」とは一体どういうことなのか考えてみました。最後に少し難しい「宿題」を出しましたが、普段の生活の中で、修練の中で、その答えを見つけてほしいなと願うばかりです。

 

~なぜケンカになるのか?~

今回のテーマはグループに分かれてディスカッションをしました!

 新入会のA拳士、お母さんから色々聞くと、「お兄ちゃんと非常に仲が良いが、ゆえに好きなものも同じで取り合いになってしまいケンカになる」とのこと。せっかくなので、どうしてケンカになるのか、その根本的な原因と、どうすれば良いのかをグループに分かれて考えることにしました。たくさんの意見をだしてもらい、その中で修行の目的の一つである「自他共楽」の大切さを全員で学びました。

 

~ありがとうの意味~

普段使う「ありがとう」。改めてその意味を考えたいと思います。

 新入会で中学3年生のY拳士、ぱっと漢字で「有難う」と書いてくれました。漢字で書くと意味が分かりやすいですが、少年拳士はこの漢字を習っていないのでまずはそこからです。ディスカッションでは、普段自分がありがとうと言う時や、ありがたい!と思った時はどんな時か意見を出してもらい、「当たり前」になっている事って、実は特別なことで、文字通り「有難い」事に少しでも気付いてくれたかな、と思います。私自身も含め、様々な事に感謝できる、そういった人になりたいものです。

 

~N拳士、4級合格おめでとう!~

本当に大変な中、よく頑張ってくれました!とっても助かりました!

 N拳士は自分の審査練習だけでなく、各行事の練習や後輩指導、代打・・・などなど、黒帯の拳士でも大変な事を乗り越えてくれました。相当な負担を掛けてしまいましたが、それ以上の「リターン」があったように思います。一拳士としてはもちろんですが、「指導者」として成長してくれたと実感しています。審査は練習時間が圧倒的に少なく、自信を持って受けるのは難しかったとは思いますが、普段の修練をとても大切にしてくれているので堂々と胸を張ってやりきることができました。審査を振り返り、今回は忙しい支部運営の中、自己確立と同時進行で自他共楽を意識して行動してくれたN拳士にたくさん助けていただきました。感謝の言葉しか出てきません!本当にありがとう!!!

第26回少林寺拳法豊田市民総合体育大会に参加しました!

 本日9/28(土)、豊田地域文化広場に於いて豊田大会が開催されました。今回の大会は全員組演武で参加、それぞれにテーマを与えて修練に励んできました。

【O拳士-M拳士・G拳士ペア】

 チーム低学年は初めて組演武に挑戦しました。8月の金魚花火大会の発表までずっと単演のみだったので、いきなりの組演武は本当に大変だったと思います。更にM拳士とG拳士は6月入会、O拳士はそろそろ拳歴1年とはいえ初の組演武で掛け持ちと、かなりハードな条件でした。そんな中でも、O拳士は後輩二人にきちんと技を教えてあげ、先輩としてすごく成長してくれました。またM拳士はなかなか練習に来れませんでしたが、その分自宅でお父さんと一緒に練習し、できなかった分をカバーしてくれました。G拳士はM拳士と同じ動きで、M拳士にきちんと教えてあげられるよう、自分だけではなく仲間のことも思いやり頑張ってくれました。3人とも、修練の中で仲間と協力することの大切さをしっかり学んでくれたと思います。

M拳士、自信をもって最後までやりきれたね!

G拳士、緊張しながらも落ち着いてやりきれたね!

O拳士、よく二人を引っ張ってくれたね、ありがとう!!!

【N拳士―K拳士ペア】

 同級生の組み合わせです。高学年の仲良しペアということもあり、「調和」をテーマに一体何のために組演武を行うのか考えながら修練に励みました。前回の東海大会ではこちらも単演で、K拳士は初の組演武でした。拳歴としては先輩のN拳士がリードしつつも、お互いに協力しあい、自分たちで試行錯誤を繰り返しながら頑張りました。とはいえ仲良しのパートナーだったとしても、本当に調和するのは難しいものだったと思います。その経験を、今後の人生に少しでも活かしていけるよう私もしっかりと二人をサポートしていきたいです。

K拳士、気持ちの入った良い気合、良い表情でした!

N拳士、苦手な技も協力して出来るようになりました!

【保乃加先生―N拳士ペア】

 最も練習量の少なかったペアです。階級差も大きく、四段と5級。N拳士にとって保乃加先生の動きについていくのは大変だったと思います。しかしながら練習量を言い訳とせず、わずかな練習を大切にし、調和をしっかり意識して修練できました。また、N拳士は保乃加先生不在の時は、他の人の面倒を見てくれ、指導者としてのレベルも上がりました。また今回は一般女子の部でしたが一組しかおらず、嫌でも最優秀賞です。だからこそ手を抜かず、立ち居振る舞いなど所作も含め、本当に最優秀にふさわしい姿を見せることを目標としました。こういった姿勢が、他の拳士たちにもいい影響を与えられたら幸いです。本番は堂々とした演武だけでなく、見る姿勢、返事、賞状を受け取る態度など細かいところまでしっかりとやってくれました。

N拳士、たくさんの人に注目されながら、堂々とした立ち居振る舞いで頑張りました!

 

 今回も拳士たちにとって学びの多い大会でした。それは拳士たちが、いったい何のために組演武をやるのかよく考えて、「行」として立派に少林寺拳法の修行に励んでくれたからだと思います。今後も、修行の目的を見失わないよう拳士たちとともに成長していきたい次第です。最後に、サポートして下さった保護者の方をはじめ、関係された皆様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

お疲れ様でした!次は交流館祭、頑張るぞー!!!