注目の支部

デンソー支部
安城市

グローバル企業のデンソーで少林寺拳法を楽しもう!!
デンソー支部支部 -新見 幸秀-
責任者
新見 幸秀 先生
(准範士 六段)
趣味/特技 ゴルフ/お酒を味わう&楽しむこと
連絡先 TEL 0569-48-5288
yukihide@ma.medias.ne.jp
HP サイトはコチラ
ブログ ブログはコチラ
基本情報 支部サイト

先生について

責任者になったきっかけ/エピソード

自発的、自主的に生活の中でスポーツや武道を楽しむ雰囲気が社会現象としてある中、人々の健康確保と豊かな生の充実感を満たす為に、生活の中のスポーツや武道を生涯にわたって位置づけることが大切な時代です。

少林寺拳法はそのニーズに十分応えられるだけのパフォーマンスを持っていると思い、企業内クラブ活動に子供教室を取り入れ、デンソーが地域社会と一体となった「みんなの少林寺拳法」そして、子供教室を中心にした「地域で子供を育てよう」をキャッチフレーズにして少林寺拳法の良さをアピールして普及させていきたいと考え、2000年に前支部長の勇退時に2代目支部長を引き継ぎました。

指導に心がけている事

企業における人材育成は、手段的な教育になりがちですが、グローバルな競争を勝ち抜いて社会に貢献し続けるためには「人、人、人、すべては人の質にある」との想いを益々強めています。少林寺拳法が目指す人づくりの道は企業にとってもかけがえのない教育であり、職域・地域でリーダーたる素養を身につけられるような指導を心がけています。

子供たちには①心にエネルギーを与え、元気づけ、意欲を沸かせる。②問いかけ、自ら考えさせる。③教え、諭す。を心がけています。

家庭や学校で元気がなかった子供でも、道場に来て稽古をしているうちに「来て良かった」と思い、いつのまにか元気になって帰る。そんな指導を心がけています。

どんな支部/クラブ/チームを目指している?

職域・地域でリーダー・指導者となる人をつくり、その指導者のもと、子供教室で育った人が将来デンソーの一員となり、さらに次世代の教室の指導者として地域社会に貢献するサイクルを構築したいと考えています。

子供から指導者まで10年から20年の長いサイクルの中で少林寺拳法を生活の一要素として位置づけ、より健康で、より豊かな生活を築き上げるために行われる活動となることを目指しています。

支部/クラブ/チームについて

支部/クラブ/チームの特徴/雰囲気

各製作所に修練場所があり、最寄の道場を選ぶことができます。

子供も大人も仲よく、道場での修練だけの関係ではなく、同志として信頼できる人との関係性を強く感じことができる支部です。

女性も所属しており、また親子で一緒に修練されている方も多く、アットホームな雰囲気があります。

所属拳士からの一言

会社で仕事帰りに修練でき、職場を超えた人脈を作ることができる良い環境が整っていると思います。

仕事や人生の相談にも乗ってくれ、当然少林寺拳法の技術に長けた先生方や先輩拳士がたくさんおり、入部して良かったと思っています。