単独演武を披露しました。

少林寺拳法における大会とは、行を修めるための一形態であり、同時に地域に向けて幸福運動を展開する重要な場となっています。 大会は、勝敗や技の優劣のみを競うために開催されるのではなく、一つの目的に向かって結集した運動体として各所属の拳士たちが一同に会し、同志としての連帯感と親睦をより一層たかめ、すぐれたものに対しては賞賛と敬意の念を、遅れているものに対しては励ましといたわりの心を持ち、明日への運動のエネルギーを蓄積する場として開催されています。

大学の少林寺拳法部に兼籍している拳士が第55回少林寺拳法東海学生大会に参加し単独演武を披露しました。

「人十度、我百度、練習は不可能を可能にする」 師匠の教えです。

by webmaster

いいね!>> いいね! 3 人
読み込み中...