道院行事
Shorinji Kempo

道院行事とは

金剛禅総本山少林寺の行事

金剛禅総本山少林寺の行事とは、金剛禅を修行する門信徒一人一人が、行事を通じて開祖宗道臣先生の志に思いを馳せ、行としての少林寺拳法の意義を再確認し、「人として生きること」について理解を深めるために執り行われます。一年を通じて下記の行事が執り行われています。

入門式

道院に新たな仲間を迎える行事です。新入門者は門信徒と参列者の前に立ち、入門の決意を誓います。入門式において道院長より話される法話は、生涯続けていく金剛禅の修行において、最も大切な事柄になります。入門式は、金剛禅の修行をする門信徒にとって、一生に一度しかない大切な儀式で、この日を境に、「本当の強さ」と「生きることの意味」を日々考え、行動する人間へと変わっていく第一歩を踏み出します。

新春法会

新春法会(ほうえ)とは、そこに集う皆で新しい年を祝うとともに、金剛禅総本山少林寺の聖典である「教典」を一緒に唱和したり、門信徒代表による決意表明を行い、道院長の年頭法話を聴いて、心新たにして一年の第一歩を踏み出すための行事です。
あわせて、允可状や精勤賞の表彰状の授与も執り行なわれ、皆で祝福します。

開祖忌法要

初代師家・宗道臣(以下、開祖と言う)の命日である5月12日に、開祖の「志」に思いを馳せ、遺徳を偲び、その偉業を称えて感謝する行事です。そして、あらためて、開祖の志を自分の志として、自己完成への道と人づくりの道に精進することを心に誓う行事です。

達磨祭

達磨祭とは、達磨大師の命日とされている10月5日またはその前後に、祖師達磨大師を礼拝し、その遺徳を偲ぶとともに、そこに集う皆で「拳禅一如」の修行に一層精進することをお互いに誓い合う儀式です。

曽爾高原合同春合宿

5月3日~5日まで2泊3日で奈良県曽爾村へ名古屋島田道院,名古屋女子大学少林寺拳法部と合同春合宿に行ってきました。 小学生からから社会人までの幅広い世代の参加で楽しんできました。 1日目の修練、2日目は修練のあとはハイキングを行い、修練あと近くの温泉に行きました。3日目は昇級試験を行い有意義な合同合宿となりました。

 

by webmaster

 

2019年(令和元年)開祖忌法要

愛知蟹江道院において、少林寺拳法参列者(道院長、拳士)が一同に集い、名古屋島田道院、愛知蟹江道院、名古屋女子大学少林寺拳法部合同で開祖忌法要が挙行されました。式次第に則り厳粛に、かつ滞りなく進行し法要は無事終了しました。

 

 

 

by webmaster

 

2019年(令和元年)5月度合同入門式

2019年(令和元年)5月名古屋島田道院拳士と合同入門式を行いました。

新入門拳士による誓願文奉読

奉納演武 演武者は中拳士三段の大学生拳士

道院長から入門拳士の紹介

ころから宜しくお願いします。

by webmaster

特別昇格孝試 正拳士四段昇格おめでとう!

平成31年(2019年)3月17日(日)本山にて特別昇格孝試が行われ正拳士四段を允可されました。愛知蟹江道院で初めての女性正拳士誕生です。

練成道場にて

前日一鶴丸亀本店にて

いよいよ特別昇格孝試です。

緊張します。

大食堂にて筆記試験

実技が終わり結果発表待ち

特昇を一緒に受けた同じ班の仲間たちです。全員昇格です。

画像中央の拳士はスペインから六段を受けに来られたマラガ支部支部長のトニ先生です。以前愛知蟹江道院に所属していたルイス先生(現在コスタリカ在住)とも親交があります。

スパインマラガ支部の拳士と記念撮影

総裁から正拳士四段允可状授与です。

正拳士四段昇格おめでとう!これからも宜しくお願い致します。

by webmaster

2019年愛知県教区新春法会 奉納演武を行いました。

2019年1月20日(日)愛知蟹江道院にて愛知県教区小教区長・教区役員が集い、新春法会が執り行われました。奉納演武は愛知蟹江道院所属 名古屋女子大学少林寺拳法部 初代主将 柘植香織 中拳士三段 愛知江南短期大学少林寺拳法部 初代主将 星田彩乃 中拳士三段 の2名です。彼女たちは愛知県連盟公認アトラクションチームにも所属しております。

by webmaster