道院行事
Shorinji Kempo

道院行事とは

金剛禅総本山少林寺の行事

金剛禅総本山少林寺の行事とは、金剛禅を修行する門信徒一人一人が、行事を通じて開祖宗道臣先生の志に思いを馳せ、行としての少林寺拳法の意義を再確認し、「人として生きること」について理解を深めるために執り行われます。一年を通じて下記の行事が執り行われています。

入門式

道院に新たな仲間を迎える行事です。新入門者は門信徒と参列者の前に立ち、入門の決意を誓います。入門式において道院長より話される法話は、生涯続けていく金剛禅の修行において、最も大切な事柄になります。入門式は、金剛禅の修行をする門信徒にとって、一生に一度しかない大切な儀式で、この日を境に、「本当の強さ」と「生きることの意味」を日々考え、行動する人間へと変わっていく第一歩を踏み出します。

新春法会

新春法会(ほうえ)とは、そこに集う皆で新しい年を祝うとともに、金剛禅総本山少林寺の聖典である「教典」を一緒に唱和したり、門信徒代表による決意表明を行い、道院長の年頭法話を聴いて、心新たにして一年の第一歩を踏み出すための行事です。
あわせて、允可状や精勤賞の表彰状の授与も執り行なわれ、皆で祝福します。

開祖忌法要

初代師家・宗道臣(以下、開祖と言う)の命日である5月12日に、開祖の「志」に思いを馳せ、遺徳を偲び、その偉業を称えて感謝する行事です。そして、あらためて、開祖の志を自分の志として、自己完成への道と人づくりの道に精進することを心に誓う行事です。

達磨祭

達磨祭とは、達磨大師の命日とされている10月5日またはその前後に、祖師達磨大師を礼拝し、その遺徳を偲ぶとともに、そこに集う皆で「拳禅一如」の修行に一層精進することをお互いに誓い合う儀式です。

達磨祭執行と三段允可状授与

コロナ禍の影響で少人数で達磨祭を執行。

三段合格允可状授与

2020年9月開催の昇格考試で三段合格のS拳士。

小学生から各種大会に出場し活躍している頑張り屋の拳士。

今後も後輩の模範となるよう精進して下さい。

母さん先生へのお見舞いメッセージ

 8月半ばに緊急入院した母さん先生へ少年拳士がお見舞いのメッセージを書きました。

 9月16日に退院して現在は自宅療養していますが、体力が回復するまで道場はお休みしています。拳士一人一人が送ってくれたメッセージに母さん先生は感激の気持ちでいっぱいです。 早く道場に出てみんなの顔を見たいとリハビリに専念しています。

無事退院して拳士にご挨拶

まだ道衣を着ての修練は先になりますが、退院の報告に道場へ。

少年部の拳士と記念撮影をしました。

待ちに待った練習再開!

待ちに待った練習再開で子どもたちは
元気いっぱいマッスルポーズでハイ、チーズp(*≧▽≦*)q
中学生以上の一般部はちょっと追い込んで
今日は筋肉痛の人も多いかも(笑)
帰宅後ストレッチをしましたが
今朝は体が重く感じます(;一_一)
昼休みに少し体を動かしてリカバリーします♪
一日も早く通常練習ができる日が来るよう
三密に注意し、うがい手洗いに
バランスの良い食事と質の高い休養に適度な運動で
免疫力を低下させずに過ごしていきましょうp(^o^)q

※修練再開のお知らせ

お待たせしました(^^♪

名古屋なるこ道院修練再開の日がやってまいりました!

 6月2日(火)より通常の修練を行いますが、濃厚接触を避ける内容の修練が主になります。

 修練参加の折は、体温測定をしてマスク着用でお願いいたします。

☆みんな元気♪☆

現在は新型コロナウィルスの影響で活動自粛中修練お休み中。
道院長が拳士の元気な様子を確認するために、少林寺拳法会報とマスクを門下生の自宅へ届けてきました!
マスクは母さん先生のお友達が拳士全員の分を手作りで作成してくれたもの。
      
 
先日無事に回りきりました♪
とても元気な笑顔を見せてくれて、さっそくマスクをつけて見せてくれました。
残念ながら不在で顔を見ることができなかった拳士もいましたが、
ご家族から元気に過ごしていますと情報をいただき一安心。
 
学校に行けず、練習に行けず、ストレスが溜まっている子ども達の
自宅での過ごし方は様々
家の前でボールを蹴ったりする子もいれば
塾のオンライン授業を受ける子もいれば
積極的にお家の手伝いをする子
みんな一生懸命過ごしていますp(^v^)q
 
緊急事態宣言解除に向けた動きが加速する中
少林寺拳法の活動再開時期をしっかりと見極めていきたいと思います!
練習再開の折には、元気な顔を見せてくださいね!