道院行事
Shorinji Kempo

道院行事とは

金剛禅総本山少林寺の行事

金剛禅総本山少林寺の行事とは、金剛禅を修行する門信徒一人一人が、行事を通じて開祖宗道臣先生の志に思いを馳せ、行としての少林寺拳法の意義を再確認し、「人として生きること」について理解を深めるために執り行われます。一年を通じて下記の行事が執り行われています。

入門式

道院に新たな仲間を迎える行事です。新入門者は門信徒と参列者の前に立ち、入門の決意を誓います。入門式において道院長より話される法話は、生涯続けていく金剛禅の修行において、最も大切な事柄になります。入門式は、金剛禅の修行をする門信徒にとって、一生に一度しかない大切な儀式で、この日を境に、「本当の強さ」と「生きることの意味」を日々考え、行動する人間へと変わっていく第一歩を踏み出します。

新春法会

新春法会(ほうえ)とは、そこに集う皆で新しい年を祝うとともに、金剛禅総本山少林寺の聖典である「教典」を一緒に唱和したり、門信徒代表による決意表明を行い、道院長の年頭法話を聴いて、心新たにして一年の第一歩を踏み出すための行事です。
あわせて、允可状や精勤賞の表彰状の授与も執り行なわれ、皆で祝福します。

開祖忌法要

初代師家・宗道臣(以下、開祖と言う)の命日である5月12日に、開祖の「志」に思いを馳せ、遺徳を偲び、その偉業を称えて感謝する行事です。そして、あらためて、開祖の志を自分の志として、自己完成への道と人づくりの道に精進することを心に誓う行事です。

達磨祭

達磨祭とは、達磨大師の命日とされている10月5日またはその前後に、祖師達磨大師を礼拝し、その遺徳を偲ぶとともに、そこに集う皆で「拳禅一如」の修行に一層精進することをお互いに誓い合う儀式です。

2019年少林寺拳法東海大会に出場しました

スカイホール豊田で開催された 2019少林寺拳法東海大会に

名古屋平手道院拳友会所属の拳士が参加しました。

 日ごろの修練の成果以上の結果を頂戴して、今後の修練の励みとなりました。

 

 11月23日、24日開催の少林寺拳法全国大会への出場権を7名の拳士が獲得することができました。

 新しい時代に、新しい道院長に交代して新しい風が吹き始めた兄弟道院の影響で

深い交流が始まり 仲間と目標に向かって修練することで相手を思いやる気持ち、

目標に向かって一生懸命になる大切さなど多くのものが得られたと思います!

合同演武会と開祖忌法要を行いました

名古屋なるこ道院設立30年と名古屋平手道院設立25年を記念して

合同演武会を開催いたしました。

開会に際して「合同開祖忌法要」を佐久間靜春導師が厳かに執り行い

その後名古屋なるこ道院「道院長交代式」を行い、佐久間靜春前道院長より佐久間未来新道院長に新設当時の教典と卍掛け軸、数珠の引き渡しを行い交代式を完了いたしました。

  前道院長と母さん先生に拳士全員から記念の帯と ねぎらいの寄せ書き、

その他多くのお品をを贈呈いただき、思わず落涙寸前でした。

新道院長には、拳士全員から宜しくお願いしますと 巻物にした寄せ書きが贈られました。

同時に名古屋平手道院 佐久間麦仁道院長の勤続20年表彰を祝して、

拳士会一同より記念の帯の贈呈があり、今後の指導に精進する事を誓いました。

終了後 参加者と保護者全員で記念写真を撮影して

和やかな合同演武会を終了いたしました。

ご協力ありがとうございました。合掌

 

合同演武会競技の様子は後日詳細を掲載したいと思います。

名古屋なるこ道院 http://kempo.tv/naruko

 

 

道院長永年勤続表彰

2019年1月12日(土) 金剛禅総本山少林寺 本堂において

名古屋平手道院 佐久間麦仁道院長が勤続20周年の表彰状を大澤隆代表から拝受。 

       

                    

道院の拳士から勤続20年を労って、色紙にコメントをいただきました。

              

 

これからも後進の指導にご活躍頂きますようお願いいたします。

部内合同演武会開催

名古屋平手道院・名古屋なるこ道院

両道院の拳士全員で、日ごろの修練の成果を発表して、
仲間の拳士と励んできたことを確認し
7月22日の愛知県少林寺拳法大会に向けて
更なる研鑽の材料を持ち帰ることができました。

 

 

 

 

 

 

主催:名古屋平手道院 勝木道場長の開会宣言で厳かに開会されました。

奉納演武披露は、名古屋なるこ道院 T木拳士が単独演武を行いました。
本年度西尾市総合体育館で開催された、愛知県高等学校専門部少林寺拳法競技大会で
活躍された拳士です。

  
鎮魂行の主座は 名古屋平手道院 K澤拳士   打棒は I田拳士
時のあいさつ 主座は K上拳士でした
 また、宗道臣月間として社会貢献活動の一環で
 「プルタブを集めて車椅子を贈ろう」運動を実施いたしました。
 会場に集められたプルタブは普段の半年分ほどの量が集まり、
 昨年に続き演武会にあわせて普段ご協力いただいている豊川市のTさんや中村区のWさんから自宅へ、中川区のYさんからは宅配便で段ボール一杯のプルタブが届けられました。

      皆様のご協力に感謝するとともに4台目の車椅子寄贈が楽しみです。

(さらに…)

少林寺拳法創始70周年記念 合同演武会

少林寺拳法創始70周年記念

金剛禅総本山少林寺 名古屋なるこ道院・名古屋平手道院合同演武会が

5月21日(日) 緑スポーツセンター 第2競技場で開催されました。

  

 

奉納演武は名古屋なるこ道院副道院長佐久間未来ご夫妻、鎮魂行主座はB・要拳士 打棒はS・英斗拳士。

鎮魂行に続き「時のあいさつ」の主座をA・瑞穂拳士が元気に行いました。

  

 

大会実行委員長 名古屋なるこ道院 佐久間 靜春道院長によるご挨拶は、

70年前に開祖宗道臣先生が、どんな思いで少林寺拳法を創始され今日に至ったか、その当時の時代背景と現代の世界情勢や社会現象を解り易く説明され、易筋行と鎮魂行そして問法修学による自己を確立し仲間とともに安心を得られる日常を作り上げることが修行の大切さであると、長い時間をかけて説明いただきました。

元名古屋神の倉道院久野康司道院長もご参列いただき、とても楽しい演武会を開催することが出来ました。

  

道院別の資格別団体演武披露では、なぜか緑帯団体に変な拳士が混入していました。

 

     成績発表と表彰式   拳士の元気な姿をと道院長はカメラマン

  

進行・集計をお手伝いいただく父母の会役員さんのお陰で表彰状印刷などとてもスムースに混乱なく進みます。

アトラクションの時間は、「みらい’sブートキャンプ in 断捨離」

名古屋なるこ道院副道院長 佐久間 未来先生のご指導を頂き

BGMに合わせて少林寺拳法の技術を取り入れた動きで、参加拳士はもちろん参観のご家族全員で思いっきり身体を動かし、心のリフレッシュと肉体の不要なものを全て捨て去ろうと暑い体育館の中でしっかりと汗をかいていただきました。