東海加木屋道院 道院長のご紹介

道院長(指導者)について

各地の道院では、金剛禅総本山少林寺によって指導者として正式に認められた道院長が、責任を持って道院運営・門信徒育成を行っています。
 金剛禅宗門は教えを現代社会に生かすための道であるため、道院長は本職を別に定めたうえで、社会との関わりを持ちながら「自己と他人の成長、そして金剛禅を縁とした人間関係」を最大の喜びとして無償で指導に当たっています。

道院長紹介

道院長 秋葉 みどり
大導師 大拳士 五段
東海加木屋道院 道院長 秋葉みどり です。

私は、子どもや人が大好きです。

子どもや人の成長に深く長く関わる事の出来る道院長になって、本当に良かった、有り難い、嬉しいと思っています。

人は誰でも素晴らしく素敵。

目をキラキラ輝かせる拳士たちと共に過ごす時間は、私にとって何よりの喜びであり、皆から多くのエネルギーをもらっています。

この地域で、一人でも多くの人に少林寺拳法を伝えていきたいと思っています。

身心を共に鍛え、強くてやさしい人になり
そして自分のために誰かのために
勇気を持って行動できる人に!

みんなでなっていきましょう。


■関連団体役職履歴■
愛知県少林寺拳法連盟・事務局長(2014~)

■その他役職履歴■
東海市教育委員会・委員(2013~)