愛知師勝道院 道院長のご紹介

道院長(指導者)について

各地の道院では、金剛禅総本山少林寺によって指導者として正式に認められた道院長が、責任を持って道院運営・門信徒育成を行っています。
 金剛禅宗門は教えを現代社会に生かすための道であるため、道院長は本職を別に定めたうえで、社会との関わりを持ちながら「自己と他人の成長、そして金剛禅を縁とした人間関係」を最大の喜びとして無償で指導に当たっています。

道院長紹介

道院長 服部 哲也
中導師 大拳士 五段
愛知師勝道院 道院長の服部哲也です。

愛知師勝道院は2017年4月に開院をしたまだ歴史の浅い道院です。

これからたくさんの歴史を門下生とともに作っていきます。

人との出会いを大切にし、そして感謝し、少林寺拳法を通じて、正義感と慈悲心をもった勇気のある人になってもらうように指導していきたいと思います。

私の人生を大きく変えた少林寺拳法に恩返しをしていきます。