本日の法話

この日の法話は、

広島県へ災害ボランティアへ行ってこられた

佐竹道院長のお話です。

 「ボランティアとは何か」

 「ボランティアの人達が一番

  気を付けなければならないのは何か」

というお話から、

実際に被災地で行ってきた活動のお話など、

興味深いお話を聞くことができました。

側溝に溜まったゴミや泥の掃除が大変だったこと、

側溝に水が無事に流れた時に、皆で喜び合った話が

印象に残りました。

 

 

困っている人を助けるために

行動することの大切さや、

他の人の喜びを

自分の喜びと感じることのできる心、

皆と喜びを分かち合うことの素晴らしさを

感じることのできる法話だったと思います。

小学生の拳士たちにも、

そんな大切なことの何かひとつでも、

心に残ってくれたらなぁと思いました。

 

             ( 太田 知希 )

いいね!>> いいね! 1 人
Loading...