道院行事
Shorinji Kempo

道院行事とは

金剛禅総本山少林寺の行事

金剛禅総本山少林寺の行事とは、金剛禅を修行する門信徒一人一人が、行事を通じて開祖宗道臣先生の志に思いを馳せ、行としての少林寺拳法の意義を再確認し、「人として生きること」について理解を深めるために執り行われます。一年を通じて下記の行事が執り行われています。

入門式

道院に新たな仲間を迎える行事です。新入門者は門信徒と参列者の前に立ち、入門の決意を誓います。入門式において道院長より話される法話は、生涯続けていく金剛禅の修行において、最も大切な事柄になります。入門式は、金剛禅の修行をする門信徒にとって、一生に一度しかない大切な儀式で、この日を境に、「本当の強さ」と「生きることの意味」を日々考え、行動する人間へと変わっていく第一歩を踏み出します。

新春法会

新春法会(ほうえ)とは、そこに集う皆で新しい年を祝うとともに、金剛禅総本山少林寺の聖典である「教典」を一緒に唱和したり、門信徒代表による決意表明を行い、道院長の年頭法話を聴いて、心新たにして一年の第一歩を踏み出すための行事です。
あわせて、允可状や精勤賞の表彰状の授与も執り行なわれ、皆で祝福します。

開祖忌法要

初代師家・宗道臣(以下、開祖と言う)の命日である5月12日に、開祖の「志」に思いを馳せ、遺徳を偲び、その偉業を称えて感謝する行事です。そして、あらためて、開祖の志を自分の志として、自己完成への道と人づくりの道に精進することを心に誓う行事です。

達磨祭

達磨祭とは、達磨大師の命日とされている10月5日またはその前後に、祖師達磨大師を礼拝し、その遺徳を偲ぶとともに、そこに集う皆で「拳禅一如」の修行に一層精進することをお互いに誓い合う儀式です。

”新春法会を行いました”

2020年1月13日(月・祝日)、春日井鷹来道院新春法会を行いました。

本山にて11日(土)全国会議と勤続表彰、12日(日)新春法会と師家承継式、

そして翌13日に道院行事と、例年通り慌ただしく新年が動き出しました。

今年の干支は「庚子(かのえ・ね)」であり、”新たな芽吹きと繁栄の始まり“と言われます。

新しいことを始めると上手くいくとも言われています。

より良い方向へ進むためにその都度何をすべきか考え行動する一年にしたいものです。

 

          

 

今年の門信徒代表挨拶は鈴木拳士(正拳士・四段)でした。

          

”当たり前のことを当たり前にできる一年にしよう”と誓い合いました。

 

奉納演武は鈴木拳士(少拳士・二段)・牧野拳士(少拳士・二段)。

「時を選ばず 場を選ばずが 修行を修行とせず」

「学ぶ気持ちと謙虚さがあれば 自分を取り巻く環境は全て教材となる」

                          【開祖語録より】

                     (2020/1/13 道院長)

法縁”入門式”

朝夕は過ごしやすくなりましたが、まだまだ暑さにウンザリする日々です。

入門から少し時間がたってしまいましたが、入門式を行いました。

”簡素に、そして厳粛に”+”和やかに”すすめることができました。

都合で少年部拳士(1名)は別写真となりますが、新入門者3名の入門式でした。

 

 

       

                                       

お二人の出身地は別々ですが、何と同い年で1日違いのお生まれ。

そして、6年生の息子さん。親子で同じことに取り組めることは幸せですね!

先輩拳士はお二人の決意に応えるべく、温かくサポートをお願いします。

まさに、法縁を感じさせる入門式となりました。

                       (2019/8/31 道院長)

 

晴天に恵まれた”夏季合宿”

8月23~24日に毎年恒例の夏季合宿を行いました。道院としては今年で30回目です。

今回も東海加木屋道院の超元気な拳士たちとの合同合宿でした。

前日までの天気と打って変わって晴天に恵まれた二日間を過ごすことができました。

 

今回の場所は一昨年にお世話になった王滝村の民宿「瀬音」さんです。

         

昼食を終えたら早速「王滝村国民体育館」での稽古に入ります。まずは、作務からです。

 

 

   

学校訪問で現地で合流した吉澤兄弟も記念にパチリ! あとはスイカ割と花火大会!  

       

           

   翌朝の散歩に参加したのは4年生女子の三人組だけでした。寒かったね~!!

  

楽しみにしていた御岳湖でのカヌー体験は前日まで降り続いた雨で湖面が上昇し、放水の必要性

が出たため急遽取り消しに。その代わり、近くの「清滝」へ。

なかなかの絶景と涼しさを満喫しました。

最後に訪れたのは赤沢森林鉄道。まずは、「渓流コース」をハイキングです。

          

昼食はバーベキュー。やはり、女子は頼りになります!

 

川遊びで楽しんだ後は・・・

 二日間、お疲れさまでした。特に、東海加木屋道院の一般拳士の皆さん、お世話になりました!

 来年は、道院設立30周年です。

                             (2019/8/30 道院長)

 

新春法会&入門式

2019年の稽古始めは1月5日からでしたが、本山・本部行事を終えた14日に道院の

新春法会&入門式を行いました。祝日とはいえ月曜日だったために一般部拳士は

大半が間に合いませんでしたが、例年通り厳粛に行うことができました。

新入門者代表は理学療法士さん。医療や福祉の現場で頑張っている拳士が多い中、

また一人心強い仲間を迎えることができました。

少年拳士は二人とも未就学児童。やる気満々のちびっ子ペアです。

 

    

 

    

       

演武者は進学先も確定し、大学での更なる飛躍が期待される加藤拳士!

キレのある単独演武に一同の目線が釘付けになりました。

 

    

儀式を終えた後、お母さん方に準備していただいたぜんざいを皆でいただきました。

今年もたくさんの方々に支えられ、各々の目標に向かって一歩ずつ進みます。

「一歩ずつ自分の力で進め」は釈迦の教え

”自分で自分を変えていく

間違ったら直せばいいし 失敗したらやり直せばいい

ともかく日々の努力なくしては何も始まらない”

”比べるのは昨日の自分”です。                     (2019/1/14)

 

 

 

夏季合宿2018!

    

                     

恒例となった東海加木屋道院との合同合宿も10回目を迎えました。

長野県にある施設に向けて1泊2日の楽しい合宿の始まりです。

途中のサービスエリアで、同じく長野県に向かう熱田道院・岡崎中部道院とばったり!

ちゃっかりと差し入れも・・・藤田先生、高田先生ありがとうございました~

眼下に広がる絶景! これだけでも涼しさを感じます。

無事に到着。

楽しい合宿ですから当然稽古も楽しくにぎやかに始まりました!

まずは鎮魂行。そして、稽古が始まります。

 

 

 

 

施設の目玉は充実した食事メニューです。左は小学生、右は中学生以上のメニューです。

 

夕飯の後はお待ちかねのスイカ割もどきと花火大会です!

 

朝6時の絶景です!”早起きは三文の徳(得)?”とはよく言ったものです。

中央は上田市の方角ですが「雲海」が素晴らしかった~!!

翌日は塩尻にある「チロルの森」へ。今回もアイスクリーム作りに挑戦しました。

 

昼食を終えたらあとは自由時間。思いっきり楽しみました。

 

          

                     

                

みんなで作り上げた合宿。今年も無事に予定通り終えることができました。

あっという間に夏休みも終わります。楽しい夏の思い出もひとつ増えました。

お疲れ様でした。                        2018/8/25・26 tatuki