愛知県教区2019年新春法会を執り行いました。

1月20日(日)愛知蟹江道院いて、愛知県教区新春法会を執り行いました。小雨が降る中、東海地方総代の柳川瀬先生・本山責任役員でもあり本山教学研究員会委員長である須田先生を来賓に迎え、厳かに儀式が進みました。

門信徒代表挨拶は、今年は西三河より薦田小教区長が新年の挨拶をされました。

導師年頭あいさつでは、人とのつながりの大切さ、徳を積むことの大切さを語られ、来賓先生からは、世界に動きや世間から求められているものをアンテナを張りいろんな情報を取り入れ見出すことが大切と語られました。

愛知県アトラクションチームに所属している、愛知蟹江道院の柘植拳士と星田拳士の素晴らしい奉納演武を行っていただきました。

最後に今年は、愛知県で全国大会が開催される年でもあるので、県教区・県連が協力し成功させるとともに、さらなる飛躍に年になるよう誓いました。

 

 

 




いいね!>> いいね! 3 人
読み込み中...