7月6日(土)の修練。

本日も泉田市民館での修練。雨が降りそうで降らない、湿度も上がりそうな気配の中、鍛錬に励みます。

来週日曜日に地区合同昇級試験を控え、しっかり習熟を図りたい本日。が、中1男子のR君I君は、中学の部活動の選手権大会の日。小3男子のH君は家の用事で欠席と、受験者全員が参座しない事に。またR君は、木曜日に本日の大会の為の「学ラン応援」の練習をした影響か、熱中症になってしまったそうで。今日は大会も休み、家で静養&父親のNさんと昇級試験に向けての習熟に当てて頂いたので、Nさんも欠席する事に。今日は16時から、今月入門のY君のお父さんに手続きや法人の区別について御説明するので、その時間も視野に入れての段取りです。

集まりの出足が遅かったので、少し「少数鬼ごっこ」や普段と違うストレッチを入れますが、その中でもそれぞれの意欲や精神面の移り変わりが垣間見えます。Y君は、転がる動きをストレッチに混ぜた動きの最中に、軽く頭を打った痛みと上手く出来ない心の痛みで、表情が歪みます。そして、ある瞬間にただムキになってやり続け、結果上手くやれなくて、めげて泣く、と言ういつもの「パターン」に入ります。こんな時は、先輩拳士に「どうやって励ますか」の練習をしてもらいますし、Y君には「どうやって自分でやる気になるか」の練習をしてもらう時間として、活用出来ます。また、Y君は周りを意識しながら泣き方を変えてきますので、無理に修練に混ぜずに、部屋の隅に「ほったらかし」にして、先輩達のレベルアップの時間として切り替える事も出来ます。人数が少ないなら、少ないなりの「強味」を活かしていきたいものです。

「学科・法話」の時間の終わり頃に、W先生とHさんも到着。また部活動で遅れていた先月入門のMちゃんも参座します。小6女子のMちゃんと、妹の小4女子のMちゃんは、泉田市民館に最も近い小学校のバスケ部に所属しているのですが、体育館が狭い事もあり、学年毎に時間を分けて練習をしているそうで、土曜日に二人が揃って参座する事が難しい様です。「入門式はどうやってやろう」との試案も必要ですし、基本の身体の使い方等を伝えるのに、別々で伝える事になり、余分に時間が必要になりますが、逆に先輩は基本を再点検する機会を得られますし、その際に前に出て手本を示す時間等を取れば、意識面での変化も期待出来そうです。

鎮魂行後の「自由練習」では、16時からの練習内容も考慮して、振子の動きの確認と、上受の練習を。16時前にY君のお父さんが到着されたので、W先生に白帯組に付いて頂き、引き続き振子の動きを3連まで目指して。Hさんに色帯組に付いて頂き、「下受蹴」と「天地拳第三系単演」を教えて頂きました。若干、無茶ぶりの傾向もありましたが、御二人共に先週の少年部指導者講習会を受講しての在り方なので、「多分、文句言わないだろう」と丸投げします(笑)。私自身はY君のお父さんへの説明に専念しつつ、御二人の指導の佇まいをチラ見しますが、やはり伝える側の意識・意欲は、受け取る側にも影響するのでしょう。説明後には、両グループに発表もして貰いましたが、どちらのグループも総じてプラスの意識が見て取れました。体力面と共に、精神面や意識でも息子さんに成長して欲しいと考えてらっしゃるY君のお父さんの目には、その姿がどう映ったのか。今後の進歩・成長に向けて、皆で支え合って、精進したいものです。

いいね!>> いいね! 4 人
読み込み中...