道院ブログ一覧

2024.02.24  刈谷北道院
2月24日(土)の修練。
本日も、泉田市民館での修練。暖かな陽射しを感じながら、鍛錬に励みます。今日の午前中から、熱や胃腸風邪等の体調不良で続々と欠席の連絡が。また木曜日に復帰したものの...
2024.02.24  春日井東道院
昇級合格おめでとう。
初めての昇級試験でした。少し緊張してましたし試験中は半泣きでしたがよく頑張りました。次も頑張りましょう道院長 ...
2024.02.23  東海加木屋道院
合格証書を授与しました
東海加木屋道院の拳士たちコツコツと修行を積み重ね、それぞれ昇級を果たしました。中学生の双子のR拳士とH拳士。いつもとても頑張っています。そろそろ黒帯が見えてきま...
2024.02.22  愛知藤岡道院
3月23日西三河第1小教区僧階学習開催のお知らせ...
日時3月23日(土)9時~10時20分場所愛知朝日専有道場豊田市亀首町市場53-2僧階テーマ権大導師J-3金剛禅布教者が在家であることの意義講師山下研治本山教師...
2024.02.21  愛知梅坪道院
保護中: れんま2月号
この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。...
2024.02.18  刈谷南道院
パッキン、ポッキン断熱材の片付け
道場内の片づけを修練前に早くから来た子ども達が手伝ってくれた。マットの下に敷き詰めていた断熱材の裁断作業だ。パッキン、ポッキンと音を立てながら手で細かく砕いてい...
2024.02.18  刈谷中部道院
帯跳びで全身運動
「イチ、ニイ、サン」数を数えながら一人ひとりが跳んでいく。準備運動をかねて縄跳びではない帯跳びだ!。体でリズムをとりながら回す速さに応じて跳んでいく。簡単だが難...
2024.02.17  刈谷北道院
2月17日(土)の修練。
本日も、泉田市民館での修練。2月とは思えない陽気に恵まれた中、鍛錬に励みます。今日の午前中に、東海市まで出向いて今年度で道院を閉める先輩道院長と御会いして来まし...
2024.02.17  愛知梅坪道院
新春法会
新春法会を執り行いました。心新たに修練に励んでまいります...
2024.02.15  刈谷南道院
柔法マットお譲りします
柔法マット(厚さ4㎝)が不要になりましたのでお譲りします。100枚程度少し傷ありますが充分使用できます。引き渡しは4月上旬事前に現物を確認していただきその上でお...
2024.02.15  刈谷南道院
4月から修練会場を変更します
今から14年前、刈谷市高須町に修練会場を確保し住民との交流を大切にし活動を行ってまいりました。この間多くの皆様に声をかけていただいたことや、道院行事にも参加して...
2024.02.13  名法道院
誕生会  (名法だより60号3)
新春法会の後、引き続き誕生会が行われました。今回は12月生まれの森拳士と1月生まれの古川拳士です。12月生まれ森拳士「最近うれしかったのは、客のアンケートで対応...
2024.02.13  名法道院
道院長年頭所感 (名法だより60号2)
『先日道院長勤続10年の表彰を受けました。みなさんの支えのおかげです。私は10年ですが、名法道院は60周年を迎えます。60年の歩みは、本当に尊いものと重く受け止...
2024.02.13  名法道院
2024新春法会 (名法だより60号1)
1月23日、名法道院の2024年新春法会(鏡開き)が行われました。当日は、開式の辞、導師献香、教典唱和、門信徒代表挨拶、道院長年頭挨拶、目標発表、奉納演武、閉式...
2024.02.10  刈谷南道院
互いに上達し強くなる
10代から60代まで、そして男女の区別なく互いに技を掛け合いながら上達を図る。体格の違いや柔軟性など一人一人違う。難しくもあり面白くとっても楽しい。勝つのではな...
2024.02.10  刈谷北道院
2月10日(土)の修練。
本日は、専有道場からのスタート。冷たく強い風が吹く中、皆が集まります。月1回の道院修練。副道院長のNさんの都合が合わず、移動の際の足に不安が残りましたが、小3八...
2024.02.09  刈谷南道院
休部中の拳士 もう一度始めてみませんか
私たちの道院には、少林寺拳法から遠ざかり数年後に復帰した拳士が多い。中学や高校までやっていて一旦中断、仕事や家庭の事情で続けることが難しくなり休部した拳士。でも...
2024.02.09  刈谷南道院
胴のひもはこうやって結ぶんだよ
突き蹴りの修練が終了し胴を片づける。胴のひもを結ぶのは低学年にとってはちょっと難しい。こんな時、高学年がそっと手をさしのべ教える。そんなちょっとしたことが進んで...
2024.02.09  刈谷中部道院
逞しくて心やさしい子どもを育てる
今日は胴を着用し中段限定の突き蹴りの修練だ。気合を出すことを心掛けながら相手を換えながら行う。とっても楽しそうであり、快い修練でした。...
2024.02.06  小坂井道院
新春法会
  2024年という新しい年を迎え、新春法会を執り行いました。 「導師献香」「教典唱和」「門信徒代表挨拶」と進み、今年は拳士のみん...