最新の記事
Shorinji Kempo

凄く成長しました

 鎮魂行で打棒を担当する高学年の拳士、堂々としていて風格を感じます。とっても成長を感じました。

小さな子どもさんも安心 先輩拳士がお世話します

 年中・年長さん、低学年の子供のお世話は先輩拳士が行います。帯の結び方やズボンのひもの結び方、初めての子どもにとっては分からないことや不安がいっぱいです。そんなとき先輩拳士が優しく助けてくれます。体験者は運動のできる服装でお越しください。不安なく入門はもちろん体験も可能です。

仕事が終わった後、適度な運動やってみませんか

 一日の仕事の後、身体を動かし、ちょっぴり汗をかき身体づくりをしてみませんか。社会人は毎週木曜日19時45分から、土曜日は15時45分から修練開始。途中からの参加も可能です。見学や体験随時可能です。

ぼくにもできた 打棒に挑戦

 鎮魂行の打棒やりたい人はと聞けば「はーい」「やりたい!」「やりたい!」と手が挙がる。この日は6才の拳士が担当することになった。大きく長い打棒を持って歩くのは大変だ。高学年の拳士が手を添えて助けてくれた。終えた後の二人の笑顔は最高でした。大きな拍手を送ります。

友達たくさんできました

 今日は夜遅くまでトランプで遊ぶ。小さな子から中学生まで一緒になって楽しんでいた。寝袋に入り遅くまで仲間とおしゃべりを楽しむ。年齢や学校、住んでいるところも違うがすっかり友達になった。たくさんの友達できたかな。

 

熊本よりスイカが届く

 道院長の実家、熊本よりよりスイカが届き修練合間の水分補給時に美味しくいただきました。大好きな子どもは8個も食べとっても満足そうでした。スイカ有難うございました。

原崎公園の周りをきれいに! 清掃活動実施

 好天に恵まれた25日(土)刈谷南道院の拳士と一緒に原崎公園周囲の清掃活動を行った。ゴミ袋を手に少林寺拳法会館をスタート、住宅街を通過し公園へ。その間空き缶やたばこの吸い殻、ビニール袋などを拾いながら活動を行った。活動終了後は分別し自宅へ持ち帰り処分した。

 

わくわくどきどき合宿スタート

 みんなで協力し会場をきれいにする。25日(土)14時、刈谷南道院との合宿がスタートした。合宿開始数週間前から子ども達は落ち着かない。友達と一緒に銭湯に行ったり一緒に宿泊ができる。思っただけでも胸がわくわくする。

開祖の想いや願いを伝える 開祖忌法要

 5月18日(土)開祖忌法要を執り行いました。開祖の生い立ち、大内谷での少年時代の出来事や満州での生活など話をしました。優しさだけでなく力が必要なこと。また質の良い人を育て日本を立て直すために少林寺拳法を創始したことなどを伝えました。子ども達も真剣なまなざしで聞き入り有意義な開祖忌法要となりました。

小学1年生・4年生体験開始

 元気な二人が体験を始めた。少年拳士の楽しくやっている姿を見てやりたくなり、少しだけ体験。でも少しずつ楽しくなりとうとう最後まで。「お母さん楽しかったよ、またやりたい」と言って次回も参加することになった。