道院行事
Shorinji Kempo

道院行事とは

金剛禅総本山少林寺の行事

金剛禅総本山少林寺の行事とは、金剛禅を修行する門信徒一人一人が、行事を通じて開祖宗道臣先生の志に思いを馳せ、行としての少林寺拳法の意義を再確認し、「人として生きること」について理解を深めるために執り行われます。一年を通じて下記の行事が執り行われています。

入門式

道院に新たな仲間を迎える行事です。新入門者は門信徒と参列者の前に立ち、入門の決意を誓います。入門式において道院長より話される法話は、生涯続けていく金剛禅の修行において、最も大切な事柄になります。入門式は、金剛禅の修行をする門信徒にとって、一生に一度しかない大切な儀式で、この日を境に、「本当の強さ」と「生きることの意味」を日々考え、行動する人間へと変わっていく第一歩を踏み出します。

新春法会

新春法会(ほうえ)とは、そこに集う皆で新しい年を祝うとともに、金剛禅総本山少林寺の聖典である「教典」を一緒に唱和したり、門信徒代表による決意表明を行い、道院長の年頭法話を聴いて、心新たにして一年の第一歩を踏み出すための行事です。
あわせて、允可状や精勤賞の表彰状の授与も執り行なわれ、皆で祝福します。

開祖忌法要

初代師家・宗道臣(以下、開祖と言う)の命日である5月12日に、開祖の「志」に思いを馳せ、遺徳を偲び、その偉業を称えて感謝する行事です。そして、あらためて、開祖の志を自分の志として、自己完成への道と人づくりの道に精進することを心に誓う行事です。

達磨祭

達磨祭とは、達磨大師の命日とされている10月5日またはその前後に、祖師達磨大師を礼拝し、その遺徳を偲ぶとともに、そこに集う皆で「拳禅一如」の修行に一層精進することをお互いに誓い合う儀式です。

小学校低学年の体験も受入れ中

 小学校低学年(1~3年生)の体験も随時受け入れています。先ずは作務、マットをみんなで雑巾できれいにします。ウォーミングアップは駆けっこなど全身を使った運動を行います。子ども達はいつでも一生懸命です。身体を暖め基本に入ります。興味関心ある方はいつでも気軽にお越しください。

佐野市の被災者へベットを寄付

 11月9日(土)台風19号被災地の栃木県佐野市へメンバー10名で向かった。現地では被災した家屋の復旧作業にあたる。居間にいた高齢者の方が水浸しになったベットでよく眠れないため、JR刈谷駅前にて集めた街頭募金の一部を充て、簡易ベットを購入し居間に設置した。翌日被災したおたむお宅を訪問し確認したところ「よく眠れます、有り難うございました」の声があり大変喜ばれました。

ベットは水浸しになり一部破損していた。

居間の床板に積もった泥を掃き出し綺麗にする。

近くの家具屋でベットを購入し送る。

 

車いす清掃点検活動に参加してみませんか!

 ご案内いたします。恒例の車いす清掃点検活動を東浦町の老人保健施設「相生」にて開催します。小さなお子さんから大人までどなたでも参加可能です。お申し込みは指導員までお願いします。子どもだけの参加の場合には、車の配車など個別に対応いたします。

4歳児から、随時体験受付中です!

 現在、4歳児からの体験を随時受付けています。修練を通じて、礼儀正しく、身体を丈夫に、自分に負けない強さと他人に対する優しさを身につけた子供を育てます。いつでも体験や見学を受け付けていますので、お気軽に道院までお越しください。

夏の汚れを落とし、来年の出番を待つ扇風機

 今年の夏も昨年に劣らず猛暑だった。そんな時、道院内で大変お世話になったのがこの扇風機達だ。この頃、めっきっり涼しくなったので、学生部も協力し扇風機を分解、埃りを取り除き、きれいにし収納することにしました。羽の一枚一枚丁寧に清掃を行いすがすがしい気持ちになりました。手伝っていただいたみなさん有り難うございました。