最新の記事
Shorinji Kempo

小学校低学年の体験も受入れ中

 小学校低学年(1~3年生)の体験も随時受け入れています。先ずは作務、マットをみんなで雑巾できれいにします。ウォーミングアップは駆けっこなど全身を使った運動を行います。子ども達はいつでも一生懸命です。身体を暖め基本に入ります。興味関心ある方はいつでも気軽にお越しください。

街頭募金を直接佐野市へ届ける

 10月23日(水)JR刈谷駅にて、被災地支援街頭募金で集まった義援金を、11月10日(日)栃木県佐野市の岡部正英市長に直接お渡ししました。その後佐野市長より被災家屋の復旧ボランティアに対するお礼の言葉を合わせていただきました。約1カ月経過したとはいえ復旧はまだまだであり多くのボランティアが必要との事でした。特に平日は少なく継続した支援の必要性を感じました。寄付額はNPO法人愛知ネットと合わせて50万円お渡しいたしました。街頭募金から寄付に至るまで、多くの皆様にご支援ご協力をいただきまして有り難うございました。感謝いたします。

 

佐野市の被災者へベットを寄付

 11月9日(土)台風19号被災地の栃木県佐野市へメンバー10名で向かった。現地では被災した家屋の復旧作業にあたる。居間にいた高齢者の方が水浸しになったベットでよく眠れないため、JR刈谷駅前にて集めた街頭募金の一部を充て、簡易ベットを購入し居間に設置した。翌日被災したおたむお宅を訪問し確認したところ「よく眠れます、有り難うございました」の声があり大変喜ばれました。

ベットは水浸しになり一部破損していた。

居間の床板に積もった泥を掃き出し綺麗にする。

近くの家具屋でベットを購入し送る。

 

車いす清掃点検活動に参加してみませんか!

 ご案内いたします。恒例の車いす清掃点検活動を東浦町の老人保健施設「相生」にて開催します。小さなお子さんから大人までどなたでも参加可能です。お申し込みは指導員までお願いします。子どもだけの参加の場合には、車の配車など個別に対応いたします。

4歳児から、随時体験受付中です!

 現在、4歳児からの体験を随時受付けています。修練を通じて、礼儀正しく、身体を丈夫に、自分に負けない強さと他人に対する優しさを身につけた子供を育てます。いつでも体験や見学を受け付けていますので、お気軽に道院までお越しください。

夏の汚れを落とし、来年の出番を待つ扇風機

 今年の夏も昨年に劣らず猛暑だった。そんな時、道院内で大変お世話になったのがこの扇風機達だ。この頃、めっきっり涼しくなったので、学生部も協力し扇風機を分解、埃りを取り除き、きれいにし収納することにしました。羽の一枚一枚丁寧に清掃を行いすがすがしい気持ちになりました。手伝っていただいたみなさん有り難うございました。

 

達磨祭を執り行いました

 10月27日(日)夕方より達磨祭を執り行いました。当日は体験者の方にも参加していただき厳かに開始、祖師達磨大師を礼拝し遺徳を偲ぶとともに「拳禅一如」の修行に精進することを誓いました。

被災地支援街頭募金、市民の善意に感謝

 台風19号の被災地を何とかしたいとの気持ちで、23日(水)夕方より道院での修練を変更し、JR刈谷駅にて被災地復興支援街頭募金を行いました。当日は刈谷南道院、デンソー少林寺拳法部、刈谷中部道院、認定NPO法人愛知ネットの仲間、米こめ倶楽部、井戸端会議や保護っ子基金、市民ボランティア総勢58名が参加しました。そして駅利用者に子ども達が大きな声で募金を呼びかけ被災者への支援を訴えました。なお寄付先や募金額については後日ご報告いたします。

只今、街頭募金準備中!

 来週水曜日に行う街頭募金の備品製作を、本日の18時45分からの修練時間に行いました。募金箱や呼びかけ看板他をそれぞれの思いや願いを込め製作しました。子ども達は絵や募金箱用の看板を作る。一方大人は大きな看板や新聞の切り貼りなどを行った。個性あふれる文字で描きながら被災地の一日も早い復興を願いました。

未就学児は絵を描く。

高学年は募金箱の文字を書く。

募金箱の完成ももうすぐだ!

体験者には先輩拳士が教えます

 体験者に高学年や先輩拳士が寄り添い優しく教えます。鎮魂行では読本を開いて指で示しながら唱和します。だから未就学児でも安心して体験ができます。体験者随時受け付けてます。