少年部
Shorinji Kempo

小さな小さな体験者

 よちよち歩きの小さな体験者がやってきた。子ども達は自分の弟のように話しかける。そしてみんなが集まり抱っこしたり幼児用の絵本を読み始めた。こんな光景に心が温まりとっても和やかな雰囲気でした。みんなが一つの家族のように感じられました。

開祖忌法要を執り行いました

 5月9日(日)18時30分から専有道場で開祖忌法要を行いました。会場には保護者の方も参加され献香の後開祖を偲ぶ会となりました。開祖の幼き頃の頃を振り返り自分たちがこれから何をしなければならないのかについて考えました。

5月12日(水)から修練をお休みにします

 新型コロナウイルス感染拡大のため愛知県下に緊急事態宣言が発令されます。そのため5月12日(水)から修練をお休みにいたします。なおご家庭や学校、職域などでの感染防止に努めていただきますようにお願いいたします。修練の再開は6月2日(水)からを予定しておりますが、感染状況により遅らせる場合もあります。5月下旬にご連絡いたします。(5/8・9の修練は予定通り行います)

入門式を執り行いました

 少年部の入門者がありましたので入門式を24日(土)夕方より執り行いました.少年部拳士の紹介で市外からの入門者です。入門の理由は心身を鍛えたくて入門を勧めましたとの事。仲間が増えましたので宜しくお願いします。

誓いの言葉は高学年の拳士に代読してもらいました。力強く読んでくれました。ありがとう

お父さんも一緒に体験 見学・体験随時受付中!

 少年部拳士と一緒に修練に参加するお父さん、微笑ましい光景でありお父さんも一生懸命です。同じ空間をともに過ごし家庭でも少林寺拳法のことが話題になるような気がする。継続して欲しいと思います。

見える化することでとってもわかりやすくなる

 少年部の指導で見える化を行うことで子どもがとっても受け入れやすくなる。床に目安の線を入れてみた。見えるようになり自然とできるようになった。子ども目線で子どもの声に耳を傾け、子どもの立場に立って改善を行う。とっても大切なことだと感じた。子どもが「先生の言うことわからない」この時がチャンス子どもの声に応えよう。

 

達磨だより4月号発行(NO179)

 修練には適した時期になってまいりましたが相変わらずのコロナ禍、気の緩むことが無いように注意喚起を図っていきたいと思います。元気に修練できることがとても有り難く感じます。希望をもって元気にやりましょう。

道場マット洗浄ボランティア募集

 道院の道場に敷き詰めているマットを洗浄します。毎年この時期に行っているもので下記の日程にて開催いたします。小学校低学年でもできますのでご家族での参加も大歓迎です。短時間の参加も可能です。なお事前にお電話いただければ有り難いです。

小学校低学年の体験者随時募集中

 この日は体験者も一緒にウォーミングアップを行う。子ども達が受け身をしながら転がっていく。みんな受け身が大好きだ。ごろんごろん何度も何度も転がる。転がってもケガをしないように、これも身を守る方法の一つだ。現在、小学校低学年の体験者を募集してますのでお気軽に道院までお越しください。

草取りの手伝いありがとう

 修練日の作務の時間に道場の周囲の草取りを行っていたところ「ぼくも手伝う」といって手伝ってくれました。道院の裏にある大きな雑草をとってもらい周囲がとてもきれいになりました。ありがとう。